Photo: Surf Lakes

一般利用可能な「Surf Lakes」のウェーブプールが2020年ゴールドコーストに誕生。

昨年、オーストラリア初のウェーブプールとして、クイーンズランド州Yeppoonにあるデモ施設の動画が公開された「サーフ・レイクス(Surf Lakes)」。

26日、同施設を運営するSurf Lakes Holdingsは、一般利用向けの施設を、クイーンズランド州ゴールドコーストに建設する計画を発表した。

建設地はバーレーヘッズ北西部のロビーナ地区。2020年後半の開業を目指し、2019年後半から2020年初旬に建設開始予定という。

同社のCEOに新任されたマル・ボルゴー氏は以下のように述べている。

「市議会とクイーンズランド州政府から多大な支援を受け、ゴールドコーストにウェイブプールを建設できるようになって嬉しい。」

「我々のホームタウンであるゴールドコーストに、この商業的な施設を建設することは理にかなっており、サーファーに波を提供するだけでなく、雇用や観光、地元経済にとっての起爆剤となり、ゴールドコーストにとって大きな利益をもたらすでしょう。」

豪TVニュース番組7Newsで、サーフレイクスの創設者アーロン・トレヴィスと、アンバサダーのマーク・オクルーポが今回の建設計画などについて語っている。


ネット上では、喜ぶ声が多く見られたが、中には「なぜサーフ可能な波がたくさんあるゴールドコーストに作るのか?」といった声や、「先に(デモ施設の)Yeppoonをオープンして欲しい」といった声も出ている。

(THE SURF NEWS編集部)

Surf Lakes 公式サイト

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け!サンプルを読む