2017年のベルズで準優勝したカイオ・イベリ Photo: WSL / SHERM

ケリーは優遇されすぎ?2019年WSLワイルドカードの決定に、カイオ・イベリが猛抗議

2018年のチャンピオンシップツアー(CT)全戦が終了し、2019年のCTメンバーが発表された。

メンズのCTメンバーは、前年のCTトップ22、QSトップ10、インジュリーワイルドカード2名の合計34名。

「インジュリーワイルドカード」とは、怪我によりCTイベントの出場できず、CTトップ22入れなかった人のための特別枠。

2019年はケリー・スレーターと、ジョン・ジョン・フローレンスが選ばれ、枠から外れたカイオ・イベリがSNSで抗議。

この特別枠の選定方法が物議を醸している。


もう一人のワイルドカード候補、カイオ・イベリ

2017年CT最終ランキング17位で、2018年もCT参戦していたカイオ・イベリ(BRA)。

CT第3戦に向けてマーガレットリバーでフリーサーフィンをしていた際に足を骨折。6月の手術では足にボルトを埋め込んでおり、5~8月の4ヶ月もの間、水に入ることもままならない状況だった。

手術から2週間後、自身のInstagramでは「やっとギプスがとれてブーツになった。座りっぱなしの生活から脱出して、ようやくビーチに来れたよ。」と投稿。

秋から練習再開したが、始めの1ヶ月は殆どサーフィンできない状態で、11月のトリプルクラウン初戦『Hawaiian Pro』でようやく復帰した。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mais um passo,sai do gesso e voltei para bota.Fui à praia comemorar a saída do gesso e do sofá 😂 📷 @alessaquizon

Caio Ibelliさん(@caioibelli)がシェアした投稿 –

WSLは「怪我の重症度」と「過去の活躍度」で判断

2019年のインジュリーワイルドカード候補は、ケリー・スレーター、ジョン・ジョン・フローレンス、カイオ・イベリの3名。

■2Xワールドチャンピオン ジョン・ジョン・フローレンス

2年連続ワールドタイトルを獲得しているジョンジョンは、バリでのフリーサーフィン中に膝を故障。前十字靭帯、部分断裂という重傷を負い、コンテスト復帰まで2~4ヶ月要することが発表された。
一度は最終戦『パイプマスターズ』での復帰を宣言したものの、結局開幕直前に自身のInstagramで欠場を発表した。結果的に、CT第5戦『ウルワツCT』以降すべて欠場した。

■11Xワールドチャンピオン ケリー・スレーター

ケリーは、2017年にJベイでフリーサーフィン中に足中骨を骨折。2018年のCTにはインジュリーワイルドカードで参戦したものの、Jベイ、サーフランチプロ、パイプマスターズの3戦のみ出場。欠場したバリ戦の開幕前日に、ビッグスウェルが入ったフィジーでのサーフィンが話題になっていた。

海外メディアによれば、10月に行われたWSLとWorld Professional Surfers(別名サーファーズユニオン)の会合では、インジュリーワイルドカードはケガの重症度と即時性から判断してケリーではなくカイオだという意見が多数あがっていたとのこと。さらに、カイオはWSLのCEO ソフィー・ゴールドシュミット氏にプライベートでミーティングを要求し、ソフィーは6回のCTイベントでワイルドカードを与えることを提案したが、カイオはそれでも納得出来なかったと報道した。

しかしながら、WSLは最終的にケリーとジョンジョンに与えることを決定。以下の通り説明している。

「ワイルドカードの枠から溢れてしまう選手がいる場合は難しい判断を強いられる。私達はツアーでの評価を考慮、決定までの過程を真剣に行っている。この過程には独立した医学的な審査によって負傷の度合いとサーファーのCTレベルでの競技能力に及ぼす影響に基づいて評価するんだ。2018年の場合、3名全員が重症と認められ、イベントに参加出来なかった。その3名の技術的な基準と個々のキャリア。ワールドタイトル、キャリアの成績、負傷時のランキングを適用したんだ。全員に大きな理由があったけど、私達はケリー・スレーター(USA)、ジョン・ジョン・フローレンス(HAW)を2019年のワイルドカードに選び、カイオ・イベリ(BRA)には第一のリプレイスメントを与えた。あくまでも今回のケースだけで、他のシーズンに3名の志願者がいた場合に保証するものではないよ」

  WSLコミッショナー キーレン・ペロー

「WSLの決定には納得がいかない」カイオ・イベリ

WSLの最終決定を受けて、カイオ・イベリは自身のInstagramで不満を爆発させた。

今日WSLは来年のインジュリーワイルドカードを、ケリー・スレーターとJJフローレンスに与えると発表した。僕は本当にこの決定に納得がいかない。ケリーは権力乱用だよ。クラマスのイベントを欠場して、20フィートのスウェルが入ったフィジーでサーフィンしてた。Surf Ranch Proで3位を取っておきながら、次週のフランス戦には行かなかった。しかも2年連続でのワイルドカード。これって公平なのかな?

一般的なWSLファンからするとスター性があるジョン・ジョン、ケリーにワイルドカードを与えることは自然な流れにも思える。まして、来季CT引退をほのめかしたり、オリンピック出場への意欲を見せていたりするケリーにとって、2019年は外せない一年だ。

ただ、選手の立場で考えるとケリーが優遇され過ぎているという見方もあるだろう。 特にカイオ当人からすれば、フルでシーズンを回るのと欠場者が出ない限りCT参加出来ない宙ぶらりんの状態では不透明なスケジュールを強いられるし、収入面でも雲泥の差。 

2019年シーズンが始まってもこの問題は引きずる可能性がある。

(空海)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む