Photo: Spyder Surf

波乗りハロウィン!カリフォルニアで仮装サーフィンコンテスト開催

明日10月31日はハロウィーン!日本では、仮装して渋谷を練り歩く若者などが話題になっていますが、カリフォルニアでは、様々なポイントで『仮装サーフィン大会』が開催。

老舗サーフショップ「Blackie’s」のハロウィンコンテスト

ニューポートビーチの目の前にある老舗サーフショップ「Blackie’s」では、10年前にこのハロウィンサーフコンテストを初めて実施。開始当初は数十人が参加する小規模のイベントだったが、今では100人以上が参加する恒例行事となった。

囚人は波に乗って逃げる! Photo: Michael Fernandez/The Orange County Register

スーパー(ウー)マン Photo: Michael Fernandez/The Orange County Register

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Blackies Annual Halloween Surf ☠️🌊✖️✖️

Laguna Sunday🌴さん(@laguna.sunday)がシェアした投稿 –

・過去の映像(2013年)

頭からつま先までの仮装が条件『恐怖と涙のサーフコンテスト』

ロサンゼルス空港のすぐ近くマンハッタンビーチエリアにあるサーフショップ「Spyder Surf」は、2005年から『恐怖と涙のサーフコンテスト(SCARE AND TEAR SURF CONTEST)』を開催。

当時、店長として働いていたチャーリー・ニネガー(Charlie Ninegar)が、原因不明の心臓病で突然死したことをきっかけに、友人のアダム・フランツが募金活動の一環としてスタートしたという。

この大会の参加条件は頭からつま先まで仮装していること。Spyder Surfのマネージングディレクターであり、コンテストオーガナイザーのディッキー・オレイリー(Dickie O’Reilly)によると、「このコンテストでは上手いサーファーが勝つとは限らない」「勝つための戦略といえば15分以上水に耐えられる衣装を着ること」と説明。

Photo: Spyder Surf

タイタニックの船 Photo: Spyder Surf

日本でも、既に仮装パーティは浸透していますが、仮装サーフィンはまだまだ。明日は日本のどこかのビーチに仮装サーファーが現れるのでしょうか?!

参考サイト:Daily Breeze|‘Scare and Tear’ surf contest brings creepy costumes to Manhattan Beach

(平野ハナ)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む