ミック・ファニングの功績に敬意を表した「Rip Curl」ブラックステッカーの輪が世界中に広がっている!

現在、オーストラリアのベルズビーチで開催中のCT第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』は ミック・ファニングの引退試合。

ワイルドカード時代に優勝してから4度も制しているこのイベント、長年のスポンサー「Rip Curl」の本拠地でもあるこの場所をミックは最後の舞台に選んだ。

3度のワールドタイトルを獲得したミックは「Rip Curl」チームの中でも特別な存在であり、サーフボードのノースに貼ってあるロゴも他選手が赤に対してミックだけが黒。
これは2012年に2度目のタイトルを獲得した後にミックが提案して実現した’ブラックステッカー’という特権でもある。

それがベルズ戦に限り、ミックの功績に敬意を表して他のチームメイトもブラックステッカーに張り替えている。
ここまではすでに流れていたニュースだが、CT以外の選手でも世界中にブラックステッカーを張ったサーファーがInstagramなどのSNSで輪を広げている。

日本でも稲葉玲王、西優司、都筑あむろ、などがこの輪に参加。
世界中に溢れているミックへのリスペクト。

R1は素晴らしいライディングでクリア。
次はR3のミックのヒートに注目したい。

WSL公式サイト

Thank you @mfanno Good luck for last event. @ripcurl_aus @ripcurl_usa @ripcurl_jpn #cheersmick

YujiNishi3さん(@yujinishi3)がシェアした投稿 –

Good luck @mfanno at bells You’re my hero for ever #cheersmick @ripcurl_jpn

都筑有夢路 /AmuroTsuzukiさん(@amurotsuzuki)がシェアした投稿 –

(空海)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。