渋谷・スクランブル交差点の人波に乗るデジタルサーフィン「BIT WAVE SURFIN’」9月17日まで体験可能!

9月17日(月・祝)まで、渋谷マークシティー1Fで、デジタルインスタレーションコンテンツ「BIT WAVE SURFIN’」が公開されている。

「BIT WAVE SURFIN’」は、渋谷スクランブル交差点のリアルな歩行者の量などを瞬時にNTTの深層学習ランタイム高速化技術を用いて解析し、デジタルな波を作り、それに連動してサーフボードが動くというデジタルインスタレーションコンテンツ。

信号が青になって人が動き出すと波が起こり、赤になると波が穏やかに。また歩行者の量や時間帯によってビジュアルの演出も変化。サーフボードを模ったオリジナルデバイスは、ボディバランスをコントロールすることで、子供から大人まで、誰もが街中でサーフィンを体験できる。

デジタルマーケティング事業等を展開するD2Cグループの株式会社イメージソースと株式会社カケザンが開発し、SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYAのEXPERIENCE PROGRAMにて公開されている。

「BIT WAVE SURFIN’」概要

公開期間:9月10日(月)~9月17日(月・祝)
時間:10:00~21:00
場所:渋谷マークシティー1F
料金:無料
URL:http://bitwave.tokyo

SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYAとは

日本財団主催事業として2016年にスタートした「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム」と、渋谷区で2017年11月にはじめて開催したダイバーシティをテーマにした複合カンファレンスイベント「DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA」が連携し、関連プログラムを含め渋谷駅周辺や
原宿表参道エリアの商業施設やイベントスペース等を拠点とした約1週間の都市回遊型イベント。
URL:https://www.social-innovation.jp

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む