アメリカ西海岸の老舗ボードショーツメーカー「バードウェル」と「ルーカ」が再びコラボ

2年前大きな話題を呼んだ、アメリカ西海岸・サンタアナに拠点を置く老舗ボードショーツメーカーBirdwell(バードウェル)とRVCA(ルーカ)のコラボレーションが再び実現。5月26日(土)より、同日オープンするRVCA SHIBUYAなどで販売開始される。

レースカーと戦闘機からインスピレーションを受けた今回のコレクションは、RVCA創設者のPat Tenoreと、BirdwellクリエイティブディレクターのNatas Kaupasがデザイン。

世界限定250枚の「Bomber 18″ Trunk」には、二人の手書きサイン入りのタグが付いている。

左:Bomber 18″ Trunk 32,000円+税 右:BirdwellコラボTシャツ 5,000円+税

今回のコラボレーションについて、Pat とNatasがビジョンを語った。

このコラボレーションの共通のビジョンは何ですか?

NATAS – RVCAは自らの製品に創造性とアートを加えていくための素晴らしい才能を持っています。私はRVCAが何を思いつくかとても学ぼうとしていたし、彼らが長きに渡るBirdwell作品たちにどのようなマイナーチェンジを与えるか純粋に楽しみにしていました。私にとって共通のビジョンは共に支持、誇れるようなとても魅力的な製品を作り上げること、それが目標でもありました。

PAT – 共通のビジョンは、二つアメリカのアパレル先駆者をボードショーツといったアメリカの古典的(クラシック)な製品の再設計に貢献する模範となるコラボレーションを作り上げる為に結びつけることでした。

どのグループのユーザーが、これらのコレクションを最も支持すると考えていますか?

NATAS – 恐らく半世紀以上に渡る製品に新鮮さを求める昔からのBirdwellファン、もしくはクラシックな見た目と質感を求めるRVCAファン。特に若い世代がこのコラボレーションにどんな反応を見せるか楽しみにしています。これまで顧客より製品によりフォーカスを当てていました、Birdwellらしい事とも言えます。

PAT – それは顧客よりも製品に関するものでした。私たちはアメリカの素晴らしいサーフウエア・ブランドと協力し、RVCAブランドを象徴するような最高の製品を作りたいと考えていました。

共有することに最も興奮しているアイテムはどれですか?

NATAS – この偽りのないコラボレーションにおける考え方が好きです。それが最も興奮していることです。RVCAの尊敬すべきビジョンとBirdwellの歴史、ミシンそしてノウハウの融合です。

PAT – コラボレーションは完成しました…。バッグ、トランクス、それらは全てBirdwellの素材から作られています。さらに質の良いタオル、キャップ、Tシャツも加わると…そう、コレクション全体がとてもエキサイティングです。

50年以上の歴史をもつBirdwellと、アートとアクションスポーツを融合させたものづくりを行うRVCA。同じアメリカ西海岸で生まれた2つのブランドによる、クラシカルでありながらスタイリッシュな今回のコレクションは、多くの人の心を引くだろう。

RVCA公式ホームページ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む