社会学者がサーフィンと女性の関係を研究『ただ波に乗る Just Surf〜サーフィンのエスノグラフィー〜』

ひとりの女性がサーフィンを通じて体験した、サーフィン文化に内在するジェンダー問題やアイデンティティの形成を記録した自叙伝、『ただ波に乗る Just Surf〜サーフィンのエスノグラフィー〜』(水野英莉著)が3月より発売中だ。

サーフィンと出会い、ただサーフィンがしたいだけなのに感じる葛藤。日本に生まれ育ち、女性であり、社会学の研究者である筆者が、サーファーを始めるところからサーフィンの研究を始めるまでに至る出来事、そして様々な人たちと関わることによってサーフィンを基軸としたライフスタイルをいかに構築していったか、という彼女のストーリーを具体的に示している。

「ただサーフィンがしたい。(I just want to surf)」
日常に戻らなければならないときにサーファーがよく口にすることば。
それは、私にとっては、「女性」のサーファーであることを繰り返し迫られることへの抵抗感を含んでいた。

はじめに

本書は主に2つのテーマから構成されていて、ひとつは、「女性」のサーファーであることによる経験について。男性サーファーたちのグループと出会い、サーフィンを始め、どのように居場所を作っていこうとしていたかを記している。
もうひとつは、サーフィンを継続できないような壁に突き当たった後、どのように自分なりに納得する立ち位置を作っていったか、そしてサーフィンの男性中心的な集団、競技性やセクシズムの限界を指摘しながら、より成熟し多様性やジェンダー公正が進んだ世界を模索している。タイトルの「Just」には「ただ」と同時に「公正な」という意味が込められている。

「サーフィン・スポーツ・ジェンダー」。「白人、男性、中産階級、アスリート」を中心とする現代サーフィンの世界において、その「中心」にはいない、サーフィンを幅広く支えている多様なサーファーたちによる生々しい経験は、あまり積極的に取り上げらたてこなかったが、本書は、特に女性サーファーの方なら、似たような体験を思い起こして共感したり、サーフフェミニズムに触れるきっかけになるはずだ。

ジェンダー、民族、出身地、サーフィンに対する意味づけなどは関係なく、サーファーはサーフィンをする。ただ波に乗りたいだけなのだ。

現在、晃洋書房や全国のネット書店にて発売されている。

■目次
はじめに

第Ⅰ部 サーフィンのエスノグラフィーのために

第1章 サーフィン、スポーツ、ジェンダー
 1 サーフィン研究とスポーツ
 2 ライフスタイルスポーツとしてのサーフィン
 3 日本での広がりとボディボード
 4 サーフィンをする女性の身体
 5 残された課題としての一般女性サーファーの経験

第2章 経験を記録する
 1 オートエスノグラフィー
 2 フェミニストエスノグラフィー
 3 本書の調査について

第Ⅱ部 〈女性〉が経験するサーフィン

第3章 サーフィンを始める
 1 あこがれから現実に
 2 ボディボードからのスタート
 3 大小の壁
 4 ショップで見聞きする話

第4章 男同士の絆
 1 ショップとチーム員
 2 集団の上下関係
 3 男らしさの表現
 4 セクシズムを正当化する論理

第5章 差異化戦略とその限界
 1 三人のボディボード仲間
 2 ショートボードへの転向
 3 差異化される女性/差異化する女性
 4 流動的な地位

第Ⅲ部 オルタナティブなゴールに向けて

第6章 ショップをこえて
 1 移住生活
 2 オーストラリア合宿
 3 コンテスト
 4 引っ越しとショップ迷子

第7章 サーフィンの再開
 1 サーフィン・ソーシャル・フイ
 2 バタフライエフェクトというイベント
 3 サーフフェミニズムを実践する人たち

終章 理想の空間をめざして
 1 困難さとは何だったのか
 2 オルタナティブな身体文化


おわりに

書籍の詳細および購入はこちらより。

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。