『Blue.』別冊 「Surfing California 3」が3月30日発売!

Blue.が長きにわたり取材を重ね続けてきた聖地、カリフォルニアの記事を一冊にまとめたスペシャル・エディション「Surfing California 3」

3年振り、3冊目となる今作は「Blue.」本誌41~55号の記事を中心にピックア ップ。
Blue.らしく、さまざまな角度からカリフォルニアとサーフィンの蜜月を見つめた秀作揃いです。

私たちが大きな影響を受けてきたカリフォルニアにとって、サーフィンとはどんな存在なのか。
そしてサーフカルチャーとはなにか。

ローカルたちが代々受け継いできたカフェ、継承されるボードデザイン、その地の歴史を象徴するミュージアム、やんちゃな出る杭たちを愛でるレジェンドたち…。
これを読めば、カルチャーという言葉の真意にすこしだけ 触れられるかもしれません。

きっと今日も青空の下、カリフォルニアのサーファーたちはお決まりのカフェで買ったコーヒーを片手に、波チェックしながら仲間たちとワッツアップしているでしょう。
ポケットにiPhoneがあること以外は、50年前のサー ファーたちとなにも変わらない笑顔で。

この一冊が皆さまの書棚に末長く保存していただける一冊となりますように。

=CONTENTS=

ホットロッド&チョッパーでカリフォルニアを縦断 FREAK’S STORE TOUR

アップサイクルってなんだ? UPCYCLE STORY

口コミで広がったハンドメイド・スケートボード DL SKATEBOARDS

サーフカルチャーとは何かを知る A STUDY OF SURF MUSEUMS

個性派アーティストたちの美学 THE PHENOMENAL

サンディエゴの正当な血統を継ぐシェイパー JOSH HALL

ハサミひとつで旅をする夢 CUTBACK TO CALIFORNIA

その他…。
▪️市東重明が巡るSO-CALサーフシーン
SHIGE MEETS SO-CAL CULTURE
▪️サーフとカフェのいい関係
SURF & CAFE
▪️モラスクが招く原生林のフェスティバル
MOLLUSK JAMBOREE
▪️わが道を行く趣味人たち
SEAWEED & GRAVEL
▪️彼らは職人か、それともアーティストか
ARTIST & ARTISAN’S FILE
▪️カリフォルニアのサーフカンパニーに潜入
RVCA/BRIXTON
▪️ボードデザイン、その少し先の未来
FUTURISTIC DESIGNS
▪️次世代の旗手アンディ・ニエブラス
ANDY NIEBLAS
▪️個性派フィルムメーカーの感性
JACK COLEMAN
▪️トラビス・レイノルズという特別な才能
TRAVIS REYNOLDS
▪️未来を担う若きボードビルダーたち
INDEPENDENT BOARD BUILDERS


雑誌名:Surfing California 3
発売日:3月30日
定価:1,818円+tax

= More Info =
Blue. Magazine 
http://www.blue-mag.com

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。