伝説のサーファーズウオッチがリバイバル!Freestyleの『SHARK』がさらに進化

カリフォルニアを代表するサーファーズウオッチとしてのシンボル的なブランド「Freestyle(フリースタイル)」は、日本でも1990年代に爆発的な人気を呼び『SHARK CLASSIC CLIP』が一躍有名となった。

ポップカラーが目を引く『SHARK』。90年代のファッションリーダーはいくつも持っていたこのサーファーズウオッチを40オーバーのサーファー層は「懐かしい!」と思うだろう。

この人気モデル『SHARK』が更に進化を遂げて新登場!新ムーブメントを搭載し、デザインも一新。従来のネオンカラーに加えて、シンプルで普段使いもしやすいニューカラーも併せて発売となる。

全国の時計専門店 TiCTAC・ontime・moveで展開中

「SHARK」をさらに進化させたリバイバルしたアイテムは、全国の時計専門店 TiCTAC・ontime・moveで展開中。

今年の夏、ウエットにウエアに、ビーチファッションのスパイスとなるサーファーズウオッチ。あなたはどのカラーを選ぶ!?

【SHARK CLASSIC CLIP】

発売当初と変わらない、豊富なカラーリングがポイント。斬新なカラーからシンプルなものなど多種多様。

ベルトは腕に馴染みやすいナイロンベルトを採用。サーフーボードと足を繋ぐリーシュコードをイメージした「ベルクロタイプ」と着脱が簡単な「クリップ式のタイプ」が特徴。
サーフィン中も邪魔にならないサイズ感と軽さと丈夫さ、豊富なカラーバリエーションで、多くのユーザーに支持され続けている。

軽量かつタフなボディは、アウトドアやフェスなどにもおすすめ。肌の露出が多くなるこれからの時期、カジュアルやストリートファッションなどラフな服装にも楽しめるモデルだ。

■価格
¥8,800(税抜)~
■スペック
ケース:樹脂/サイズ:38mm/ベルト:ナイロン/防水:100M/セット内容:本体、ボックス、正規保証書(1年)

【Freestyle(フリースタイル)について】
「Freestyle(フリースタイル)」は、1981年にアメリカのカリフォルニア州で誕生。サーファーであった創造者の発案により、サーフィンに適したサーファー専用の時計があってもいいのでは?
というアイディアからFreestyleブランドかスタート。当時は、たった1アイテムからの開始。サーファーズウォッチというカテゴリー自体が前例もなく販売は困難と思われたが、80年代当時のサーフカルチャーで大流行であったネオンカラーを取り入れた斬新なカラーリングとシンプルなデザイン、そしてサーファーにとって必要な機能を兼ね備えたその時計は瞬く間にカリフォルニアのサーファーや若者達からの絶大な支持を受け、カリフォルニアを代表するサーファーズウォッチとしてのシンボル的なブランドに昇華。サーファーが海で使うことを前提に常に研究開発が続けられ、現在ラインナップされているほぼ全てのモデルにおいて軽量かつタフなボディを実現。
Freestyleはブランド設立から40年近くを過ぎた今でもサーファーの為のサーファーズウォッチを提案し続けています。


(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む