アートを楽しむなら「RVCA SHIBUYA GALLERY」第四弾は“ベン・ホートン”

カリフォルニアに拠点を置き様々なアーティストにより命を吹き込まれたアパレルやアクセサリーを販売するグローバル・ライフスタイルブランドRVCA(ルーカ)が、10月12日(金)よりRVCA SHIBUYA GALLARYにてBen Horton(ベン・ホートン)の来日エキシビジョンを開催。

2018年5月末にOPENしたRVCA SHIBUYAの2Fには無料でアートが楽しめるギャラリーが併設されていることはご存知だろうか?
ブランドRVCAの世界観が思う存分堪能できるギャラリーでは定期的にエキシビションを開催。来たる10月12日(金)からはその第四弾として、“PAST TENSE by Ben Horton”が開催される。
初日の12日(金)は、誰でも参加できるオープニングパーティーも開催。アーティスト本人も参加予定なのでお見逃しなく。

PAST TENSE by Ben Horton

日程:10月12日(金)~10月 31日(水)
時間:11:00~20:00
※初日18:30~21:30にて誰でも参加可能なレセプションパーティーが開催。
場所:RVCA SHIBUYA 2F(東京都渋谷区神宮前5-27-5 TOLDAビル)
Special Thanks:BINTANG BEER

今回私がみなさんにご紹介する作品は、過去にあった古いアイディアに自分の中を通り過ぎた新たな考えを差し込んで、違う表現を再構築することを試みました。その結果に現れた色は、灰色でした。しかしその灰色領域の中で私は、過去、現在、未来への新たなる理解と共に出現する、新しい着想を発見しました。
自分の中で常に、何かを追い求め続ける心持って制作した過去の作品を織り交ぜながら現在の作品とも融合し、19世紀、20世紀中盤の廃材や紙を使用したミックスメディアもあります。皆様に楽しんでいただけると光栄です – Ben Horton

 

■Ben Horton(ベン・ホートン)

15年以上ものスケーター人生を送っていた彼だが、アーティストとして初めてその名を広めたのは、彼がスケートボードのデッキに描いたグラフィックがきっかけであった。
彼の作品のアイディアは写真や彼自身の人生経験から作り出され、そこに描かれる深みや親しみ、そしてどこか懐かしさのあるキャラクターたちの持つ表情や視線はとてもリアルで見るものを不思議な感覚にする。
中でも鳥をテーマにすることが多く、彼によって描き出された鳥たちはまるで息吹を吹き込まれたかのような躍動感溢れるものである。そしてまた画材にはこだわらず、アクリル絵の具やペンキ、インク、シャーペンなど身近にある物を使ってあらゆるものに作品を描くといった彼のアートへの開拓はこれからも注目すべきところだ。
https://benhortonart.com/

■RVCA(ルーカ)とは

カリフォルニアに拠点を置き2000年にスタートしたRVCAは、若者を象徴しインスパイアするトレンドから逸脱したデザイン主義のライフスタイルブランド。アメリカのワークウェアをルーツにファッション性を追求し、アクションスポーツの境界を越えて独自のブランドを確立。
“THE BALANCE OF OPPOSITES”というその世界観は、自然と人工、過去と現在、秩序と無秩序など、相反するものが共存するさまを象徴。「Artist Network Program(ANP)」などクリエイティブな感性を持った人々のサポートや数多くのコラボレーションも手がけている。
https://jp.rvca.com/

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む