【7/6~】RVCA SHIBUYAで日本人アーティストMHAKのエキシビジョン『molecule | 分子』開催

7月6日(金)より、今年5月にオープンしたばかりのRVCA(ルーカ)国内1号店「RVCA SHIBUYA」にて、第二弾エキシビジョン『molecule | 分子』New works and Archives by MHAK as Masahiro Akutagawaが開催される。

今回フィーチャーするのは、RVCA SHIBUYAの店舗壁画も手がけた国内外で活躍する日本人アーティストMHAK。今回のエキシビションでは、MHAKがこの為に書き下ろしたサーフボードを含む新作や貴重なアーカイブがキャンバス作品を中心に展示される。

MHAKが手がけたRVCA SHIBUYA の壁画

会場となるRVCA SHIBUYA GALLERYは、RVCA SHIBUYAの2階に併設されたアートギャラリー。「Artist Network Program(ANP)」などで多くのアーティストをサポートするRVCAならではの世界観が堪能できる空間だ。

初日には誰でも参加可能なオープニングパーティーが開催され、MHAK本人も登場予定。ぜひ足を運んでみては。

■ 『 molecule | 分子 』 New works and Archives by MHAK as Masahiro Akutagawa開催概要

日時:7月6日(金)~7月22日(日) 11:00〜20:00
場所:RVCA SHIBUYA 2F
住所:東京都渋谷区神宮前5-27-5 TOLDAビル
Special Thanks:GALLERY TARGET / MAKOTO HAND SHAPE / JAM THE LIFE / BINTANG BEER

初日7月6日(金)は、18:00~21:00にレセプションパーティー開催。誰でも参加可。

また、同日7月6日(金)にはSpecial EditionとしてMHAKのアートが施されたT-Shirtを、ムラサキスポーツ渋谷スペイン坂店、原宿明治通り店、RVCA WEB STOREで限定販売開始予定。

各4,800円(税別)

MHAK as Masahiro Akutagawa

1981年會津若松生まれ。ペインター。 デザイナーズ家具や建築、内装空間に多大な影響を受けた事から絵画をインテリアの一部として捉えた”生活空間との共存”をテーマとした制作活動を行う。 曲線で構築し反復する独特な紋様の作風で個人邸やホテル、飲食店など数々の内装壁画を手掛ける。

その他 adidas、LEVI’S、THE NORTH FACE PURPLE LABEL、YONEX等へアートワークの提供や、国内の伝統工芸や地元観光地とのコラボレーション、アーティストコレクティブ『81BASTARDS』の一員などその活動は多岐に渡り、独特な世界観を拡げ続けている。

[HP] www.mhak.jp

■RVCA(ルーカ)とは

カリフォルニアに拠点を置き2000年にスタートしたRVCAは、若者を象徴しインスパイアするトレンドから逸脱したデザイン主義のライフスタイルブランド。

アメリカのワークウェアをルーツにファッション性を追求し、アクションスポーツの境界を越えて独自のブランドを確立してきた。“THE BALANCE OF OPPOSITES”というその世界観は、自然と人工、過去と現在、秩序と無秩序など、相反するものが共存するさまを象徴している。

RVCAにはThe Artist Network Program (通称ANP)と呼ばれ 120 名を超える世界中のアーティストをサポートするプログラムがあり、クリエイティブな感性や想像力の育てるプラットフォームを提供すべく、これまでに世界各地で数多くのアートショーやコラボレーションを行なっている。

[HP] https://jp.rvca.com/

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む