ニューノーマル時代のスタイルで終演「グリーンルームフェスティバル 2021」

5⽉22⽇(⼟)、23⽇(⽇)の2⽇間に渡り、横浜⾚レンガ地区野外特設会場で2年ぶりに開催された「GREENROOM FESTIVALʻ21」。

昨年は延期の末にキャンセルとなってしまったが、今年はコロナ対策を行って実施に踏み切った。1⽇5000⼈までに入場制限を設け、フロアにはソーシャルディスタンスを保つためのスタンディングマークを貼付。

来場者はマスクの着⽤と⼿指の消毒を徹底し、声援の代わりに拍⼿でアーティストに賛辞を送るなど、ニューノーマル時代のフェススタイルでアーティストと来場者がイベントを楽しんだ。

初日はSPECIAL OTHERS、never young beach、平井⼤、Chara、Nulbarichなど、GREENROOMらしいアーティストが多数登場。2日目には、PUFFY、clammbon、Dragon Ash、DJ HASEBEなどが登場し、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが大トリを務めた。

来場者たちは、2年ぶりとなるGREENROOMの開催を喜び、歓声が上げられない中でも、終始⼤きな拍⼿で盛り上げた。

無料エリアのサーフマーケットではゆったりとショッピングを満喫している⼈たちなど、多くの制限がある中で、参加者⼀⼈⼀⼈がルールを守りながら楽しんだ。

オリンピックサーフィンフェスティバルも手掛けることになっているグリーンルーム。サーフィン競技自体の開催以上に、フェスの開催可否は不透明で、出演アーティストもまだ発表されていない状態だ。無観客でオンライン開催となる可能性も考えられるが、もし観客ありで開催されるのであれば、今回実施された対策などは参考にされるだろう。

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。