WSL Andy Irons & Kelly Slater

「ケリー・スレーターが見たアンディ・アイアンズの素顔」映画“Kissed by God”で語られた真実。

世紀のライバルと言われた二人の真実
The Summary of “Andy,According to Kelly”Surfer Vol59.No5

サーフィン史上最高のライバル対決と言われたケリー・スレーターとアンディ・アイアンズ。映画“Andy Irons : Kissed by God”でケリー・スレーターが受けたインタビューは5時間に及んだという。その一部がSurfer誌59-5に掲載されたので要約してお届けしたい。(“Andy Irons : Kissed by God”は、故アンディ・アイアンズの死の真実に迫るドキュメンタリームービー。2018年5月にワールドプレミアが行われたが、日本ではオンライン購入での視聴のみ。)

いまでも語り草になっている2003年のパイプマスターズのファイナルで、試合後にケリーが涙してちょっと違和感を感じた人も多かったはず。彼は負けて泣くタイプじゃない。しかし舞台裏でそんなことが起きていたなんてこの記事を読んで知った。


アンディ・アイアンズを初めて知ったのはいつ?

憶えてないな。とにかく彼がとつぜん私の前に登場したという感じではないよ。アマチュア時代は良い選手だったけど飛び抜けている感じではなかった。いわゆる『遅咲き』でプロになってから輝き出したんだ。

アンディがクオリファイしたとき、君はまだツアーにいたの?

彼が入って私がツアーを抜けたんだ。彼の最初の年は1999年で私が戻るのは2002年。彼が初めて世界チャンプになった年。

ツアーに戻った理由は?

その理由ははっきりしていないんだよ。アンディと対決したくてツアーに戻ったと思われがちだけどそうじゃあない。まだ脅威の存在ではなかったんだ。パフォーマンスはすばらしいがコンペティターとしてはまだ未完成だったから。でもとつぜん最強になったけどね。

アンディが双極性障害(躁うつ症)だったことは知っていた?

知らなかったわけがないよ。ハグしてきてクールにしてると思うととつぜん殺してやる!というように豹変したんだ。試合が終わると急にメソメソしてどう対応していいか困ったこともあった。

ライバル関係に発展したのは?

アンディが理由でツアーに戻ったと思いたがっている人が多いけど違うんだ。私がツアーに戻ったとき彼はまだ特別に目立つ存在ではなかったんだよ。僕はまだツアーに戻ったばかりだったからね。それに2ヶ月前に父親を亡くしていて試合に集中できる状態ではなかった。でも彼との関係に摩擦があったことは認める。彼は試合に勝ち始めて態度が高圧的だったから、『このルーキー野郎が何様だと思っている』と感じたのは事実。

メディアはどう伝えた?

日本の『Flow』マガジンのカバーになった写真が家にある。私がタキシード、アンディが黒いスーツを着てポーカーをやっているんだ。正義と悪って感じさ。そういえば2003年はアンディがリンディと結婚して最高潮だった頃で試合にも勝ち続けた。一方私はプライベートで問題を抱えて落ち込んでいた。でも2003年になってから私は彼を打ち負かすことに専念した。

『flow magazine #012』表紙(2003年11月エイ出版社発行・編集部私物)

それでどうなった?

2003年のパイプマスターで負けた時は最悪だった。私は昔のガールフレンドとの関係が最悪で、ファイナルの前夜も眠っていなかった。
正直な話その夜、私はガールフレンドと口論になった。彼女は私の母親に対しても酷い言葉で罵ったんだ。それで一睡もできずにファイナルを迎えた。もう勝てるなんて思ってもいなかった。試合の前にすでに私は負けていた。勝ちたいとは思っていたけど。

2005年は君たちの立場が変化したターニングポイントだという人が多いけど。

その年は二人で半分以上の試合を勝っていてお互いに競り合っていた。だが私には過去のいろいろなライバルと戦ってきた経験からブレイクポイントがついにやってきたことを悟った。彼は今年タイトルを逃すと私は確信したんだ。戦う相手が強いと感じるときは不利になるように画策するものさ。彼は、私を7年もタイトルから遠ざかった下り坂の選手で、頭が禿げたファックなクークだと言い放って足を引っ張ろうとした。

彼がいつからドラッグで悪い方向に進んでいると感じた?

アンディがそうなったと感じたことはなかったけど、悪い噂が流れ出した。でもこの目で確かめたことはなかった。彼がラリっているように見えたことはあった。でも私はドラッグが嫌いだし友達や知人がそれをするのも嫌だ。だから彼は酒で酔っ払っているんだと思った。

アンディがドラッグのリハビリを受診しているのは気づいていた?

耳にしていたけど誰もそのことは話題にしなかった。まるでドアの奥に隠蔽されたような感じだった。当時私はそのことを公表した方が良いと思った。それで真剣にサーフィン界全体で話し合った方が良いと思った。他のメジャーなスポーツ選手やセレブも公表しているんだ。
私は彼を憎んでいたことがあったけど、ある日彼がライバルとしてすごい贈り物を私にしてくれたことに気づいたんだ。(彼のおかげでケリーも成長したという意味)

彼はリハビリを公表したいとあなたに言ったの?

うん。それは彼が2度目のリハビリの後だった。僕はゴールドコーストで彼と会った。二人きりで話をして私がベストフレンドだと彼は言った。リハビリのことも告白した。でもまたやり直すチャンスがあることを幸運に感じているとも言った。私は彼の素直な態度に不意を突かれて思わず泣いてしまった。
アンディは私と映画を作りたいと言ったんだ。彼のドラッグの問題を公表し、学校で上映し子供たちにドラッグの恐ろしさを伝えたい。ハワイで上映会を開いて一緒に子供たちにそのことを話して欲しい。彼は、もし一人でも子供の気持ちを変えられたら人生の成功者になれると思うと言った。私は「そのとおりだよ。力になるからなんでも言ってくれ」と言った。

彼にもっとしてあげられることがあったと思いますか?

分からない。でも彼は蘇ろうとした矢先に逝ってしまった。彼が通り抜けて来た地獄の苦しみを世間に知らしめようとした直前だったんだ。これは怒りを覚えるほどの悲劇だ。もっと悲しかったことは彼の最愛の妻が出産を1ヶ月後に控えていたことだ。彼女はたった一人で出産に立ち向かわなければならなかった。こんな悲劇が起こるとは。

アンディの功績をどう評価する?

アンディは人々から最上級の言葉で評価された。ハワイで彼は特別な存在だった。ハワイで3人目の世界チャンピオンとなっただけでなく、彼は3度もタイトルを手にしたんだ。彼は不可能と思われていた波を可能とした。パイプやチョープーでそれまでの限界を破ったんだ。彼のサーフィンは海の上ではカジュアルでありながらしっかりコントロールされてチャージは気狂いじみていた。
彼の功績は何か分からないが、彼は子供達がドラッグに手を染めないようにと心では願っていたと思う。彼は学校に赴いて子供達に彼が経験したその映画を見せたいと願っていた。それは彼の人生最後の願いであり、私にはそのことを公表する義務があると思っている。彼がその願いを私に語ったときのあの瞳は純真で疑いようがなかった。
彼は人々の役に立ちたいと願っていた。私とアンディにとってこの話は人生の教訓なんだ。

Reference:  “Andy,According to Kelly”Surfer Vol59.No5
https://www.surfer.com/magazine/

李リョウ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む