Photo by snowy

サーフィン界のベテランプロカメラマン、スティーブ・シャーマンとモーメンタム世代

試合はこちらの時間の水曜日、明日あたりから始まりそうな感じ。
とりあえず明日トライアルかね、やれれば。
次のスウェルが追っかけで金曜日から月曜日にかけてきそうなので、本戦はそっち取りそうな感じ。で、きっと始まればバンバンバンとストレートに終わるんだと思う。コンテストピリオドの終盤は波が期待できそうもない予報だしね。ま、予報は予報なんでわからないけど。

Photo by snowy

昨日の夜はモーメンタムのスライドショー。
ハレイワにあるベンジー・ウェザリーがモーメンタムのスライドショーやっているパブレストラン、BREAKERSが会場で、モーメンタムの立役者、ケリー・スレーターをはじめ、ロス・ウイリアムス、マティ・リウなど、あのグループで今ノースにいる人々が駆け付けた。他にもトッド・チェッサーのおかあさんのジニーとか、懐かしい顔がたくさんいて、う~ん、私の仕事はまさにここに始まり、これを見届けて終わる(終わりたい!)んだなぁと、感慨ひとしお。

スティーブ・シャーマンの写真を撮影した時のエピソードとか、ご本人様のコメントとか、楽屋落ちではあるのかもしれないけど、いろいろ知ってる人にはとても懐かしく。楽しい夜だった。

この日スライドショーに上がった写真は、古くからのF+、flow読者はほとんど全部誌面で見ているものだ。私とシャーマンとの付き合いも20年をゆうに超えることになる。flowの創刊号の時にシェーン・ドリアンとロス・ウイリアムスの写真を撮り下ろしで頼んだのが初めての仕事だったと思う。
その前に、Fine時代のドリアンのインタビューとかに写真を借りるときに、ドリアンにシャーマンを紹介されて、彼を知った。

アメリカではサーフィン→トランズワールドサーフ→サーフィンと、シニアフォトグラファーとして活躍したが、両誌とも休刊になり、今はF+だけが残った形になった。

デジタル化、SNSによる情報の個人発信化、それによる深刻な出版不況で、商業カメラマンの居場所はどんどんなくなり、サーフィン界でも昔からいたプロカメラマンの生き残りは1割以下に過ぎない。シャーマンはその中のひとりだ。
1割以下の生き残りのカメラマンの多くは、こうしてきちんと昔のアーカイブを持っているという共通点がある。
それは、デジタル世代のカメラマンがどうやっても手に入れられない、過ぎ去りし時間という宝物なのだ。

F+編集長つのだゆき

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む