Photo: THE SURF NEWS

五十嵐カノア初戦、村上舜がセカンドハイエスト「ISAワールドサーフィンゲームス」試合2日目【TSNオリジナル動画あり】

「2018 アーバンリサーチ ISAワールドサーフィンゲームス」のコンテスト2日目が終了。

昨日引き続き天気に恵まれ、今朝の波は、フェイスもクリーンになり、サイズも落ち着いた。男子ラウンド1の第29ヒートからスタート。

五十嵐カノアは、自身の初戦となるR1第32ヒートで9.17のエクセレントスコアを出し、ビーチに駆け付けた大勢のギャラリーから歓声が上がった。

昨年の2017ISAジュニア大会の優勝者であるイグナシオ・グンデセン(アルゼンチン)相手に、バックアップスコア7.17も決め、トータル16.34で1位通過。

Photo: THE SURF NEWS

ラウンド2もトータル11.74ptで、ラウンド3に順調に駒を進めた。

ヒート終了後のインタビューでは、「試合は長いので今はまだ40%くらいの力でやってる、最後に力を出し切れるように頑張りたい」とコメントした。 

Photo: THE SURF NEWS

村上舜はR2で、今大会のセカンドハイエストとなるトータル15.44ptをマークした。

Photo: THE SURF NEWS

 

▼「2018 UR ISAワールドサーフィンゲームス」コンテスト2日目ハイライト

「2018 UR ISAワールドサーフィンゲームス」2日目結果

男子
五十嵐カノア R1 H32 16.34pt 1位通過/R2H pt1位通過
大原洋人 R2H2 10.60pt 1位通過
村上舜 R2H7 15.44pt 1位通過
女子
橋本恋 R2H3 9.33pt 2位通過
黒川日菜子 R2H6 10.07pt 1位通過
川合美乃里 R2H8 3.07pt 4位

明日のファーストコールは7時。

▼「2018 UR ISAワールドサーフィンゲームス」のライブ中継(日本語実況あり)

(THE SURF NEWS編集部)

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む