PHOTO: © WSL/Ferguson

サーフランチに世界トップのロングボーダーが招待された!

9月6日〜9日に初のCT『Surf Ranch Pro』が控えたケリー・スレーターのウェイブプール「サーフランチ」

直近では大原洋人がワイルドカードを獲得したHURLEYライダーによるトライアルの舞台になったり、日本では千葉・木更津「サーフランチ東京」の建設計画が浮上したりと話題が耐えない。

そんなサーフランチはショートボード向きの波と思われがち。
開設当初にウィングナットが招待されて初のロングボードの映像が公開されたきり、例えばここでジョエル・チューダー主催の『Tudor Duct Tape Invitational』が開催されるなんて話は出てこないし、ケリーの交友関係にロングボーダーが少ないのか、それともロングボードにはこの波は向いていないのか、ロングボーダーには情報が少な過ぎる。

そんな中、2017年に誕生したモダン+クラシックのロングボードワールドツアー『Surf Relik』が参加選手によるサーフランチの動画を公開。

WSLの3xワールドチャンピオン、テイラー・ジェンセンはアグレッシブなモダンマニューバー。
カリフォルニアのスタイルマスター、ジャレット・メルは海と同じ個性的なスタイル。
紅一点のマリブローカル、ソレイユ・エリコは女性らしい優雅なラインを描く。

この動画を見ればロングボーダーでも木更津に「サーフランチ東京」が建設された時の想像が出来る。
2年後のその時を楽しみにしておこう。

なお、『Surf Relik』は2018年に2イベント開催。

6月24日〜25日にカリフォルニア・マリブで開催された初戦はモダンウィメンズでリンジー・ステインリード(USA)、モダンメンズはテイラー・ジェンセン(USA)、クラシックはチャド・マーシャル(USA)が優勝。

第2戦は9月9日〜19日のウェイティングピリオドを設けてローワー・トラッセルズで開催される。

Surf Relik公式サイト

黒本人志

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む