Photo: Hawaiian Airlines

サンゴ礁を守るためにハワイアン航空がキャンペーンスタート

世界的に見ても大人気な旅行先の一つとして挙げられる楽園ハワイ。ハワイは島である事から、観光資源の一つが海です。

なのですが、観光客による悪意のない何気ない行動が、ハワイの観光資源を損なっているとあり、ハワイアン航空がキャンペーンをスタートしました。

そのキャンペーンとは、ハワイアン航空のパートナーであるオーガニックサンスクリーン(日焼け止め)メーカー「RAW ELEMENTS USA」の無料サンプルを、ハワイアン航空利用者に提供するというもの。

対象は北アメリカ発ハワイ着のフライト利用者で、期間は2018年4月いっぱいとなっています。また、6月いっぱいまではハワイアン航空の機内販売でフルサイズのボトルをディスカウント価格で購入可能。

このようなキャンペーンがスタートした理由は、我々が当たり前のように利用している日焼け止めの多くには化学物質が使用されていて、コーラルリーフ(サンゴ礁)にとって有害であるため。

ここで挙げられている主要な化学物質は、「オキシベンゾン(オキシベンゾン-3)」と「オクティノクセイト」。

これらの化学物質が含まれた日焼け止めを塗って海に入ることでサンゴ礁には多大な影響を及ぼし、2011年以降、ハワイのサンゴ礁は40%減少しています。

この流れにストップをかけ、さらには日焼け止め利用者に問題の根本に関する正しい知識を持ってもらおうとスタートしたのが今回のキャンペーン。

誰もサンゴ礁に悪影響を及ぼしたいと思って日焼け止めを使用している人はいないと思いますし、サーファーならばサンゴ礁を守りたいという意識を持つ方の方が多いと思います。

今回のキャンペーンを知ったことを機会に、日焼け止めを購入する際にオーガニック製品を意識してみてはいかがでしょうか。

最後に、同キャンペーンにはインフルエンサーであるアリソン・ティールも協力し、動画を公開しているのでチェックして見て下さい。

World Surf Movies

公式サイト:Hawaiian Airlines
Cover Photo:Hawaiian Airlines

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む