「Weird Waves」シーズン2ファイナル 世界のウェーブプールを巡る

ケリー・スレーターの「サーフランチ」を始めとした次世代ウェーブプールが登場後、これぞ未来の波という肯定派とサーフィンのソウルに反しているという否定派による議論が絶えない。

ミネソタ・スペリオル湖での極寒サーフィンからスタートした世界中の変な波にフリーサーファーのディラン・グレイヴスがトライするVANSのYouTubeチャンネル、「Weird Wave」のシーズン2ファイナルは、その次世代ウェーブプールの真相に迫る。

ウェーブプールのテクノロジー

via You Tube
建設途中の「パームスプリングスクラブ」

まず、ディランはカリフォルニアの砂漠リゾート、パームスプリングスに建設中のウェーブプール「パームスプリングスクラブ」に向かう。
ここでは、BSRサーフリゾートの開発にも携わったシェイン・マグナッソンが貴重な開発秘話を披露。

更にサンディエゴでは「パームスプリングスクラブ」を開発するSURFLOCHのCEO、トム・ロクテフェルドに科学的な話を聞く。
その話は難解だが、つまり、ウェーブプールの波を生み出すテクノロジー、システムによって変わる波質の説明だった。

ちなみに「パームスプリングクラブ」の近くには初の一般オープンとなる「サーフランチ」が2022年開業予定。

数年後にはこの砂漠地帯がサーフトリップのトレンドになるかもしれないが、カリフォルニアのサーファーに意見を聞くと、やはり肯定派と否定派に分かれる。

ウェーブプールの歴史

via You Tube
1929年にドイツで誕生したウェーブプール

ウェーブプールの歴史は1929年のドイツから始まったと言われている。
それはサーフィンのためではなく、娯楽のための波だった。

60年代のサーフィンブームには、アリゾナでサーフィン可能なウェーブプールが開発された。
2000年を過ぎるとウェーブプールの質は一気に向上してサーフムービーのフッテージにも使用されることが多くなった。
そして、ここ数年はヨーロッパのウェイブガーデン、ケリー・スレーターの「サーフランチ」、BSRサーフリゾートなど次世代ウェーブプールの競争が加速している。

マレーシアのサンウェイ・ラグーン

via You Tube
「サンウェイ・ラグーン」で楽しむマイケル・フェブラリー

次世代ウェーブプールの走りとも言える1990年代にオープンしたマレーシア最大級のテーマパーク「サンウェイ・ラグーン」

当時タジ・バロウなどがこの波で驚異的なサーフィンを披露したこともあり、サーファーの間で話題になっていたこの場所にディランはVANSのチームメイトで元CTサーファーのマイケル・フェブラリーと訪れる。

「サンウェイ・ラグーン」のクオリティは高く、最大で8ftのサイズまで作ることが可能だと言う。
但し、コストは1時間約7万円と非現実的。

via You Tube
エアーも可能な「サンウェイ・ラグーン」

BSRサーフリゾート

via You Tube
「BSRサーフリゾート」のパートに登場したデーン・レイノルズ

2018年5月に一般利用可能な商業施設としてアメリカのテキサス州・WACOにオープンした「BSRサーフリゾート」

同年10月には利用したサーファーが殺人アメーバ「フォーラーネグレリア」に感染して命を落とす事故が発生して一時閉鎖したものの、翌年に再開。
特にエアリアルを練習するには最高の波で、エアリアルに特化したコンテスト「Stab High」の舞台にもなった。

このパートにはデーン・レイノルズ、チッパ・ウィルソン、ネイザン・フレッチャー、マット・メオラなどが登場。
ワールドクラスのエアリアルを披露していた。

パームスプリングスクラブ

via You Tube
「パームスプリングスクラブ」のチューブセクション

「Weird Waves」シーズン2ファイナル、世界のウェーブプール巡りの最後は冒頭に訪れた「パームスプリングスクラブ」のテストライド。
ディランはこのプールのオーナー、カラニ・ロブ&ジャモ・ウィルスが見守る中、2021年のオープンに向けてサイズやパワーを図る使命を与えられた。

まだテスト段階のために少し荒っぽいテストながら、まるで危険なリーフブレイクでのサーフィンのようにエキサイティングなセッションとなった。

世界の新旧ウェーブプールを巡り、歴史やテクノロジーの知識も得たディラン曰く、ウェーブプールは素晴らしいサーフィンの楽しみの一つ。
サーフボードの上に立って楽しめるのなら、それがプールでも海でも関係ないのだろう。

via You Tube
2021年オープン予定の「パームスプリングクラブ」

(黒本人志)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。