ミネソタのスペリオル湖で極寒サーフィン

世界は広し、所変われば私達が愛してやまないサーフィンの方法も変わる。

海以外のサーフィンと言えば、フェリーが起こした波によるタンカーサーフィンや、潮の干満差によって起こるアマゾン川のポロロッカなどが有名だが、実は湖でもサーフィン可能な波が立つ。

アメリカとカナダにまたがって広がるGreat Lakes、五大湖は風波によってコンスタントに波がある時期もあり、地形が良い場所では湖とは思えないような素晴らしいコンディションになることもあるし、ローカルも存在する。

今回紹介する動画は世界中の変な波にフリーサーファーのディラン・グレイヴスがトライするVANSのYouTubeチャンネル、「Weird Waves」のシーズン1、エピソード1。
目的地は五大湖の中だけではなく、淡水湖として世界最大の面積を持つミネソタ州にあるスペリオル湖。
実に北海道よりも面積が大きく、東西の長さは563kmもある。

ディランはローカルのバートン・ハザウェイの案内でスペリオル湖のグッドスポットを回り、バレルまでゲットしてしまう。

日本に存在する五大湖のトリップガイドによると最もコンスタントにサーフィンできる期間は8月中旬〜11月中旬だが、ビッグストームが訪れたタイミングを見るとディランが向かったのは真冬だと想像出来る。

水温-1度。
ダックダイブ(ドルフィンスルー)は命がけ。
ヘッドキャップに’つらら’という姿はシュールだが、ディランはそれだけの価値がある波をスコアしてローカルを興奮させていた。

「Weird Wave」シリーズは2/5公開のエピソード5まで予定されている。

(黒本人志)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む