PHOTO:© WSL/Dunbar

都筑有夢路のCT入りは1ランク届かず…。

現地時間12月2日、マウイ島・ホノルアベイで開催されていたウィメンズCT最終戦『lululemon Maui Pro』が終了してCT、QS共に2019年の最終ランキングが決定。

今年9月にスペインで開催されたQSで最もグレードが高い10,000『ABANCA Galicia Classic Surf Pro』で優勝。
一気にクオリファイのチャンスを手に入れた都筑有夢路はQSの最終ランキング8位で、CT選手のブリッサ・ヘネシーが『lululemon Maui Pro』で良い結果を出してダブルクオリファイ(CT、QSの両方でリクオリファイ圏内に入ること)を果たせば繰り上げでCT入りが確定というシチュエーションだったが、ブリッサがR2(Elimination Round)で敗退して最下位になり、CTランキングでリクオリファイ圏外の11位にダウン。
ブリッサはQSからのリクオリファイになるため、ランキング7位のキーリー・アンドリューまでがラインとなり、都筑有夢路は1ランク届かず…。
12月に行われるチリのQSは2020年の扱いになるため、今シーズンのCT入りはなくなった。

それでも怪我人が出た場合のリプレイスメントとして出場するチャンスは十分にある。

スナッパー ロックス、ベルズ、マーガレットリバー、G-Land、リオデジャネイロ、J-Bay、サーフランチ、ホセゴー、ペニシェ、ホノルアベイ。
日本人ウィメンズ初の夢の舞台はすぐそこにある。

WSL公式サイト:http://www.worldsurfleague.com/

(空海)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。