ジャック・ジョンソンがハレイワでバレルメイク

テイラー・スティールの作品によってパンク、メロコアなどハード路線に偏っていたサーフミュージックを一変させた代表格、ジャック・ジョンソン。

アコースティックギター一本の弾き語りのような心地良い音楽はサーファーだけではなく、幅広い層に広がり、メジャーデビューして全米で次々とミリオンセールスの大ヒット。
日本でも大人気のミュージシャンになっている。

そのジャックがハワイで育ち、ティーンエイジャーの頃はプロサーファーとしての道を歩んでいたことはファンならご存知の通り。
ケリー・スレーターを始め、モーメンタム世代とも仲が良く、アコースティックギターによるセッションも公開されるほど。

世界的なミュージシャンとして多忙になった今でもサーフィンはライフスタイルの一部として欠かさず、そのレベルは非常に高い。
カレントが強く、ノースショアでも難しい波と言われるハレイワで撮影されたジャックのライディングは大きく優雅なターンからハイラインでのバレルライド、見事なエアードロップ。インサイドでの掘れたセクションでもリラックスしたスタイルで流れるようにターンを繰り返す。

ジャックは音楽だけではなく、サーフィンさえも心地良い。

https://www.instagram.com/p/BsrrNkggfVi/

(黒本人志)


あわせて読みたい:
『NO MUSIC NO SURFINGLIFE』サーフィンと音楽は切っても切れない関係

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む