日本が初の団体金メダル! Photo: THE SURF NEWS

<速報>日本が初の団体金メダル!「ISAワールドサーフィンゲームス」終了。

伊良湖・ロングビーチで開催されていた「ISAワールドサーフィンゲームス」の全スケジュールが終了。

一足先に終了しているメンズは、五十嵐カノアが2位、村上舜が4位になり、54年のこのイベントの歴史で日本人が初のメダルを獲得。さらに国別対抗リレー「Aloha Cup」でも2位で銀メダルを獲得と開催国として誇れる結果を残していた。

本日のファイナルデーは、ウィメンズの残り全ヒートが行われ、ファイナルはCT選手のサリー・フィッツギボンズ(AUS)が、2位以下の選手をコンビネーションに追い込み圧勝の金メダル。

そして、ウィメンズの個人結果を受け、国別順位は日本が1位。ISA史上はじめての団体金メダルに輝いた。

ウィメンズファイナル結果

1位 サリー・フィッツギボンズ(AUS)
2位 ペイジ・ハレブ(NZL)
3位 ビアンカ・ベイテンタグ(RSA)
4位 サマー・マセド(USA)

国別最終順位

1位 日本
2位 オーストラリア
3位 アメリカ
4位 南アフリカ

ウィメンズファイナル ハイライト動画(TSNオリジナル)

2018 UR ISA World Surfing Games 0922 Women's Finalday

「2018 UR ISA World Surfing Games」最終日。ウィメンズファイナルは、9pt台を2本揃えたサリー・フィッツギボンズ(AUS)が圧勝!ファイナルヒートの模様を、TSNオリジナル動画でお届け。ウィメンズファイナル結果https://www.surfnews.jp/contest/world/9152/

The Surf Newsさんの投稿 2018年9月22日土曜日

ウィメンズメダリスト Photo: THE SURF NEWS

ファイナルでは今大会のハイエストヒートトータル18.64ptで圧勝 Photo: THE SURF NEWS

我が国の旗を振りながら戦えたことは本当に素晴らしい。そして日本のファンは最高!皆の前で戦えて楽しかった。サリー・フィッツギボンズ Photo: THE SURF NEWS

セミファイナルでは終了間際にサリーを逆転、1位でグランドファイナル進出を果たしたペイジ・ハレブ Photo: THE SURF NEWS

アロハカップでも活躍した12歳のアメリカ代表ケイトリン・シマーズ。団体3位の成績にも大きく貢献 Photo: THE SURF NEWS

Naminori Japanが史上初の団体金メダル Photo: THE SURF NEWS

 

(THE SURF NEWS編集部)

▼「2018 UR ISAワールドサーフィンゲームス」特設サイト(過去のヒート表やリザルトが確認できます)

▲TSNオリジナルハイライト動画多数公開中▲

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む