PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

THE SURF NEWS撮り下ろし Steve Shermanが捉えた『Founders’ Cup of Surfing』での週末

2018年5月5日から6日にかけて、カリフォルニア内陸部のレモーにあるケリー・スレーターのウェーブプール「サーフランチ」で、初の一般公開イベント『Founders’ Cup of Surfing』が開催された。

WSLが、スペシャルティイベントの一つとして開催した本大会だが、サーフランチで初の一般公開イベント、リージョナル対抗のチーム戦、100万円を超えるプレミアムチケットが発売、ハーフタイムショーが行われるなど、これまでのサーフィンコンテストの歴史において前例のないイベントだった。

THE SURF NEWSでは、WSLの選手たちを長年撮り続けてきたカメラマンSteve Shermanにこのイベントの撮影をオファー。これまでプロサーフィンの世界を追い続けてきた彼の目に、この歴史的なイベントはどのように映ったのだろうか。彼が捉えた『Founders’ Cup of Surfing』を改めて振り返る。

このレモーで過ごした週末は夢みたいだった ーSteve Sherman

ゲートの向こうにこれまで見たこともないサーフィンの世界が広がっていた。
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

「サーフランチ」が初めて一般公開された記念すべき日。一番乗りの観客たち。 
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

オーストラリアチームのウォームアップは千差万別。ミックとパーコは卓球。タイラーはスクワット。ウィルコは・・・
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

会場にいる全員が、誰が勝ったか負けたかなんて関係なく、すべてのチームのために応援していた ーSteve Sherman

自国のファンが多い今イベント アメリカ国旗も目立った
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

ジョン・ジョンのエアーに興奮するケリー&カリッサ。 テールハイ・エアーリバースをメイクしたジョン・ジョンは『Quiksilver Best Air Award』を受賞した。
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

ファイナルのH4でロングバレルをメイクしたシルヴァナ・リマに歓喜するブラジルチーム。このライディングでブラジルチームは暫定1位になった。
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

ケリーのものまねをするシルヴァナ・リマ。
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

それぞれのチームのため、そしてほかのチームのために、選手同士が盛大に応援しあい、ハグしあっていたんだ -Steve Sherman

楽しそうなミシェル。ハグするビアンカとペイジ。
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

見事ワールドチームが優勝!
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

南アフリカ・日本・ニュージーランド・タヒチ。様々な国籍の選手をまとめたワールドチームのキャプテンジョーディを称えるミシェルとチームメンバー。
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

惜しくも2位となったブラジルチーム。
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

Run3、後半のバレルセクションで、よりディープなポジションを狙ったミックがワイプアウト。うなだれるAUSチーム。
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

このウェイブプールはプロレベルの完璧なサーフィンを十分実行可能だ、ということを世界に示したと思うよ -Steve Sherman

自分のパーリングを説明するマット・ウィルキンソン。
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

オーストラリアチームに説明するケリー
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

ファイナルの最終ヒートH5で、9.27のライディングをみせトップにたったジョーディ。
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

ブラジルチームが負けて悔しそうなシルヴァナ。
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

ワールドチームを優勝に導いたジョーディ、おめでとう!
PHOTO: © THE SURF NEWS / Steve Sherman

ケリーの長年の夢が実現する瞬間に立ち会えたことは、素晴らしい経験だった -Steve Sherman

ジョン・ジョンのライディングに興奮するケリー
PHOTO: © WSL / Steve Sherman


◆取材後記全文

このレモーで過ごした週末は夢みたいだった。今までこんなサーフイベント見たことないよ。まず、純粋に、そこにいた全てのサーフファンが、とてもエキサイトしていたんだ。みんな長蛇の列をつくってプールに並んで。会場にいる全員が、誰が勝ったか負けたかなんて関係なく、すべてのチームのために応援していた。それから、チームメンバー同士の絆も印象深かった。それぞれのチームのため、そしてほかのチームのために、選手同士が盛大に応援しあい、ハグしあっていたんだ。

それから、このイベントを通して、このウェイブプールはプロレベルの完璧なサーフィンを十分実行可能だ、ということを世界に示したと思うよ。波は変えられるから、それほど予測可能ってわけでもない。アメリカのテレビ(CBSスポーツ)でライブ放送されるようになったら、プロサーフィンの世界を永遠に変えるだろうね。

今回、ケリーの長年の夢が実現する瞬間に立ち会えたことは、素晴らしい経験だった。9月に、またこの場所で、WSLのCTを見るのが楽しみだよ。サーフィンの新しい歴史は始まったばかり。この先、サーフィンの歴史が変わっていくその瞬間を見逃さずに!

スティーブ・シャーマン


Steve Sherman
1963年、米国インディアナ州生まれ。10歳で家族とともにカリフォルニア・サンディエゴに移住、12歳でサーフィンを始めた。中学のフォトグラフィーの授業の課題として地元のスケートボードコンテストを撮りはじめた。これまでに『Transworld  Skateboarding Magazine』『Surfing Magazine』などでキャリアを重ねており、現在はWorld Surf Leagueのフォトグラファーとしても活躍中。選手達の素顔を捉えた「Behind The Curtain」をはじめとする舞台裏ポートレートシリーズで知られる。 

(THE SURF NEWS編集部)

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む