Photo: THE SURF NEWS

湘南・鵠沼でQS1,500『ムラサキ湘南オープン2019』開幕

7月8日(月)~15日(月・祝)の8日間にわたり湘南・鵠沼を舞台に開催される日本最大級のクロスカルチャーフェス『MURASAKI SHONAN OPEN 2019』。

13日~15日の3連休に行われるスケートやBMXのイベントに先駆けて、9日よりサーフィンのイベント「WSL WORLD SURF LEAGUE QS1500 MURASAKI SHONAN OPEN 2019」がスタートした。

ウェイティングピリオド初日となる8日はレイデイ(順延)となり、9日午前7:15から松波地下道前でヒートスタート。 1ヒート25分で、波はモモ~コシsetハラ程度。

朝のヒートスタート後、潮が上げて割れづらくなったため、日中は午後のロータイドまでオンホールド(一時中断)。15:30に再開し、ラウンド2のヒート7まで進行。

湘南特有のパワーレスな波に各選手が苦戦する中で若い選手の活躍が目立ち、ラウンド2では松原渚生、石井乃亜、本日のハイエストをマークした鈴木仁など10代の選手がラウンドアップ。また、地元鵠沼の堀越力も1位通過でラウンド3へ駒を進めた。

湘南のシンボル江ノ島をバックに繰り広げられる本イベント。
Photo: THE SURF NEWS
大会本部(左)と観客席。平日ということもあり観客の数はまだまばらだ。
Photo: THE SURF NEWS
地元鵠沼をホームとし、サーフィン強化指定&SUP日本代表に選出された堀越力
Photo: THE SURF NEWS
堀越力はR2H3で1位通過し無事に次ラウンド進出
Photo: THE SURF NEWS
『Da Hui Backdoor Shootout』で活躍しWOTWで日本人初総合優勝を成し遂げた松岡慧斗は惜しくも敗退。
Photo: THE SURF NEWS
ハワイからエントリーの松本カイ。湘南特有のスモールコンディションの中、R1R2ともに1位通過。
Photo: THE SURF NEWS
Photo: THE SURF NEWS
パークイベントの準備も着々と進行中
Photo: THE SURF NEWS

今週末の本格的なフェスイベント開催に向けて、スケートパーク側ではスケートやBMX等のステージ準備が着々と進行中。

サーフィンについては引き続き明日以降も進行予定。ラウンド3からは、ディフェンディングチャンピオン安室丈のほか、大橋海人や村上舜、上山キアヌ久里朱といったトップシードが登場予定!

明日10日はAM6:00ファーストコール。ライブ中継は以下から。
https://sportsbull.jp/live/murasaki-shonan-open-2019/

(THE SURF NEWS編集部)

2020年東京五輪の注目競技サーフィン×スケートボード×BMXが集結『ムラサキ湘南オープン2019』

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む