ラウンド1を余裕で首位通過した五十嵐カノア Photo: TSN

五十嵐カノアが初戦のラウンド1を1位通過!東京五輪サーフィン

東京五輪のサーフィン競技の初日となる7月25日。開幕ヒートに出場した大原洋人に続き、日本代表の五十嵐カノアはラウンド1のヒート2に出場。

ワールドツアーと同じくじっくりとセットを待つ戦略を取った五十嵐は、他のサーファーが波に乗る中、忍耐強く形の良いセットを待った。

その中で選び抜いた波に乗ると、単発マニューバがメインのコンディションにして、複数のマニューバを入れられる波をキャッチし、しっかりとコンビネーションをメイク。

五十嵐カノア Photo: TSN

ヒート序盤は波に乗らずに最下位であったものの、ヒート中盤にはヒートリーダーへとジャンプアップした。

五十嵐のリードはヒート終了まで逆転されることなく、ヒートトップとなる12.77ptをマークし1位通過でラウンド3進出を決めた。

本日7月25日11時頃から、女子ラウンド1 Heat2に前田マヒナが出場予定だ。

(THE SURF NEWS編集部)

▼東京オリンピック サーフィン競技特設サイト【LIVEスコア配信中】

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。