大原洋人はブラジルのイタロ・フェレイラについて2位通過 Photo: TSN

大原洋人が開幕ヒートを2位通過!東京五輪サーフィン

7月25日朝7時、東京2020オリンピックのサーフィン競技が遂に開幕した。

会場である志田下の波のサイズは腰からたまに胸ほどのスモールコンディションながら、開幕ヒートに日本代表の大原洋人が登場。

記念すべきラウンド1は、単発マニューバがメインでありつつも見応えのある展開。
大原がエアリバースなどをメイクしてヒートをリードし、後半までは同ヒートにおけるシングルハイエストの6.00ptをマークしていた。

Photo: THE SURF NEWS

ヒート終盤に入ると、2019年ワールドチャンピオンのブラジル代表イタロ・フェレイラが、エアリバースのフルローテーションをマークして、トータルスコアで大原を逆転。

イタロはさらにフルローテーションをメイクしてリードを広げたものの、大原は2位のポジションをしっかりとキープ。

結果としてイタロはトータル13.67ptで1位通過。次いで大原はトータル11.40pt、2位でラウンド3進出を決めた。

続く男子ラウンド1第2ヒートには、日本代表の五十嵐カノアが登場。

(THE SURF NEWS編集部)

▼東京オリンピック サーフィン競技特設サイト【LIVEスコア配信中】

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。