via thebusinessofsurf.com

ヴィスラの姉妹ブランド「Sisstrevolution」が2019年春モデルから始動

スポーツとしてのサーフィンと言うより、カルチャーとしてのサーフィンといったテイストで誕生したサーフブランド「Vissla(ヴィスラ)」。

王道路線ではなく、オシャレ系といったヴィスラは2013年に立ち上がったブランドでありながら、今では多くのサーファーが知るブランドへと成長しています。

そんなヴィスラの姉妹ブランドとして2019年春モデルから、次世代女性サーファー向けの新たなモダンサーフブランドとして「Sisstrevolution(発音はおそらく《シスタエボリューション》or《シスタレボリューション》)」がストークハウス・アンミリテッド社からローンチ。

色々とカタカナの固有名詞が出てきて分かりづらいと思うので、少し説明を加えておきます。

クイックシルバー、ビラボン、リップカールなどのメジャーサーフブランドは、もともとはブランド名が企業名でありました(クイックシルバは社名がボードライダーズに変更となったり、ビラボンはボードライダーズに買収されましたが)。

ですので、少し成り立ちが異なるのがストークハウス・アンミリテッド社。同社は、元ビラボンUSA社長のポール・ノーデがスタートした企業で、同社の一ブランドとして最初に立ち上げたのがヴィスラ。

その後、同社は「D’Blanc(ディーブランク)」や「Amuse Society(アミューズソサエティ)」といったブランドも立ち上げているので、スタートから従来のサーフブランドとは異なる戦略を取っています。

さて、同社のブランドのカテゴリーを見ると、ヴィスラはウエットスーツを含めたメンズアパレル、ディーブランクはアイウェア、アミューズソサエティはウエットスーツを含めたウイメンズアパレル。

そうなると、シスタエボリューションとアミューズソサエティが被るように思えますが、シスタエボリューションが12~25歳をターゲット層にする一方、アミューズソサエティのターゲット層は18~35歳とのこと。

シスタエボリューションは年齢層が若いという事もあり、チームライダーとしてCTサーファーも視野に入れているということです。

2019年春モデルのフルコレクションリリースは、オーストラリアで今年12月、北アメリカを含むグローバルでは来年2月の予定となっています。

World Surf Movies

参照記事:「Stokehouse Announce New Womens Surf Brand

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む