PHOTO: ISA / Pablo Franco

【速報】五十嵐カノアが金メダル!「ISA World Surfing Games」

カリフォルニア・ハンティントンビーチを舞台に、8日間に渡って行われた『2022 ISA World Surfing Games』。

現地9/24(土)に迎えたファイナルデーでは、日本代表「波乗りジャパン」としてただひとり最終日まで残っていた五十嵐カノアが、一度も負けることなく全てのヒートを1位通過してファイナル進出。

インドネシア代表の和井田理央、オーストラリア代表のジャクソン・ベイカー、ポルトガル代表のギリェルメ・フォンセカとの対戦となったファイナルでもその勢いは止まらず、8.13ptを含むトータル15.96ptで優勝。

後半に追い上げてきた和井田理央の追随を交わし、ISAで自身初の金メダルを獲得。
この結果により男子では日本が国別1位となり、目標のパリオリンピックにおける国別の1枠も日本が獲得した。

なおウィメンズはアメリカ代表のキラ・ピンカートンが金メダル。最終日の詳細は追ってお届けします。

「2022 ISA World Surfing Games」結果

メンズ
1位 五十嵐カノア(JPN)
2位 和井田理央(INA)
3位 ジャクソン・ベイカー(AUS)
4位 ギリェルメ・フォンセカ(POR)

ウィメンズ
1位 キラ・ピンカートン(USA)
2位 ポーリン・アドゥ(POR)
3位 サリー・フィッツギボンズ(AUS)
4位 ダニエラ・ロサス(PER)

PHOTO: ISA / Pablo Franco
PHOTO: ISA / Pablo Franco

ISA公式サイト:https://www.isasurf.org/

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。