ハワイ発祥のKONAビールがパイプラインにちなんだ「パイプラインポーター缶」を限定発売

ハワイを代表するクラフトビールメーカーの「KONAビール」が、日本では数年ぶりに「パイプラインポーター」を数量限定発売することが決定。12月3日からオンラインショップでの予約が開始する。

1994年、ハワイ島カイルア・コナの町で誕生した「KONAビール」は、本格的麦芽を100%使用した味わいとハワイアンなラベルが特徴。商品名にはそれぞれハワイにちなんだ名前が付けられており、「ビッグウェーブ」や「ロングボード」などついつい波乗り後に乾杯したくなるようなネーミングが多いのも魅力だ。

blank

今回、限定発売される「パイプラインポーター」は、KONAコーヒーを使用した季節限定醸造の黒ビールで、栓を開けると広がるKONAコーヒーの香りと、秋冬にあう濃厚な味わいが特徴。ステーキなどの肉料理や、チョコレートケーキ、バニラアイスとも相性抜群だ。

この「パイプラインポーター」は、サーファーの聖地「バンザイ・パイプライン」をイメージして作られ、ノースショアの穏やかな海岸線と、パイプにチャージした時の興奮を思い出させるような味に仕上げられているという。缶のラベルにはもちろんパイプの美しい波が描かれている。

「パイプラインポーター缶」は12月3日(金)からオンラインショップ予約販売開始し、12月15日(水)から順次出荷開始予定。スケジュールは船舶の遅延により変更となる可能性もあるので、Kona Beer Japanの公式SNSで最新情報のチェックを。アンケートに答えて「パイプラインポーター」が当たるキャンペーンも実施中。

ハワイ熱が高まるこれからのシーズンに、味わってみては?

★波情報BCMで「コナビール/24本アソートセット」プレゼントキャンペーン実施中!
≫キャンペーン詳細

オンラインショップ:https://konabeer.thebase.in/
Kona Beer Japan 公式Facebook:@konabeerjapan
Kona Beer Japan 公式Instagram:@konabeerjapan

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。