Photo: © citywave

ドイツのショッピングモール内にウェイブプール『Citywave®』がオープン!

3月1日、北ドイツ・オスナブリュックのショッピングモールThe L&T内に、ウェイブプールシステム『Citywave®』を用いたサーフィン用プールが誕生。

ドイツ・ミュンヘンの会社が開発したこのCitywaveは、サーフランチウェイブガーデンのようなバレルを生成するものではないが、ウェイブプールの一種として昔からあるフローライダー形式のシステム。

最大1.8メートルの波を起こすことができ、波サイズや水量、水圧などが調整可能。サーフィン初心者から上級者まで各スキルレベルに対応可能なほか、ロングボードやSUP、ボディボードなど、ショートボード以外の様々なウォータースポーツでも利用できる。

Citywaveを用いた施設は、ヨーロッパを中心として既にスイス、フランス、オーストラリアなどでの建設されているが、今回は屋内のショッピングモール内に設置されており、ユニークな試み。

このThe L&T内の施設は、45分34ユーロから体験可能で、以下から予約もできる。
The L&Tサイト(ドイツ語)

 

CITYWAVE®さん(@citywave.de)がシェアした投稿

Citywaveの公式サイトでは、今後の建設予定も公開されており、2018年は5月にイスラエル、6月までにロシアでオープン予定。9月までに3箇所オープン予定で、アメリカ、スイスのほか、残り1箇所は建設場所未公開となっている。

5月10日グランドオープン予定のイスラエルの施設。 Photo: © citywave

2018年9月までにオープン予定のSECRET LOCATION。今後は日本にも建設予定の噂もあり要注目か。

Citywave公式サイト

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む