近年人気のロングチェストジップがさらに進化。今秋より展開する「HYBRID U-ZIP」とは

AXXE、AXXE Classic、BREAKER OUTなどを展開するウェットスーツメーカー「株式会社シ・ワールド」が、独自に開発したファスナー構造「HYBRID U-ZIP」を発表。2020年10月より各メーカーが展開中。

この新たなジップシステムは、シ・ワールドの自社3ブランドのみならず、QUIKSILVER、ROXY、HOTLINE、DUSKといったウェットスーツメーカーも採用する新システムで、冬季ウェットスーツの定番ともいえるロングチェストジップをさらに進化させたもの。

従来のロングチェストジップは、開口部が広く脱着が容易で、かつ背中側の高い伸縮性が人気のジップシステムだが、胸側に平行してファスナーが配置されるため、胸部の伸びには制約があり、肩から上腕部の動きが妨げられてしまうという課題も抱えていた。

そんなロングチェストジップのデメリットを解消した「HYBRID U-ZIP」は、胸元にストレッチ・ロングファスナーをU字型にレイアウトすることで胸や腕回りの動きを妨げない構造を実現。
また、従来製品よりもアウターフラップが大きく開くため、さらに脱着が楽になったほか、フルオープン後はフラップが背中側に垂れ下がり、ウェットを着たままの休憩も快適な仕様となった。

今秋より展開スタートとなった「HYBRID U-ZIP」は、2020年10月現在で7ブランドが採用。
興味のある方はぜひチェックしてみては。

「HYBRID U-ZIP」の特⻑

1:胸の部分の伸縮性を妨げない⾰新的なU 字型の斬新なファスナーレイアウトで⾼い運動性を実現
2:ベストセラーのチェストジップとロングチェストジップ両⽅の機能とデザインを兼ね備えたハイブリッドジップシステム
3:可動域の⼤きい腕周りからファスナーパーツを避けているので⼤腕付近の圧迫感が少ない
4:ファスナーを開いてアウターフラップを脱ぐだけで開⼝部が簡単に露出するので着脱が容易
5:開⼝部のインナーネックのアレンジで浸⽔軽減することができるため⻑期間の使⽤が可能
6:国内⼯場で⽣産する強みを⽣かし、修理や保証内容などが充実

パドリングなどの動きを妨げない位置にレイアウトされたファスナー
従来製品とは異なり、背中側へ垂れ下がるほとフルオープンするフラップ

「HYBRID U-ZIP」採⽤ウェットスーツブランド

AXXE、AXXE Classic、BREAKER OUT、DUSK、HOTLINE、QUIKSILVER、ROXY
※ABC順

【製品に関するお問合せ】
株式会社シ・ワールド
https://www.cworld.co.jp/

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。