Photo:WSL

WSLは新型コロナウイルスの影響で3月の全試合をキャンセル

現地時間3月12日、World Surf League(WSL)は、新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受け、3月の残りの期間に予定されているすべてのイベントをキャンセルすることを決定したオーストラリアのゴールドコーストで開催される2020チャンピオンシップツアー(CT)の開幕戦も含まれ、また既に試合開始していたPapara Pro Open Tahitiもキャンセルされる。

この決定は、COVID-19が世界的なパンデミックであると宣言した世界保健機関(WHO)、およびイベントが開催予定地の疾病管理予防センター、政府、地元の公衆衛生当局からのガイダンスに基づいたもので、WSLはアスリート、ファン、スタッフの安全確保のためこれ以上見逃せる状況ではないと判断した。

WSL CEOのエリックローガンは、「コロナウイルスは、世界中のあらゆるスポーツイベントや集会に多大な影響を及ぼしています。私たちも同じです。(中略)この決定はサーフィンのコミュニティに大きな影響を与えることを理解しているため、簡単な決定ではありませんでした。しかし、アスリート、ファン、スタッフの健康と安全は最優先であり、また社会的責任の観点からも、私たちのイベントがウイルスの拡散を加速する大きな原因となってしまう可能性があります。私たちはアスリート達と密接に連絡を取り合っており、これが今すべきことだと強く感じています。」と述べた。

現時点の情報に基づいて、現在この期間以降のイベントを追加キャンセル予定はないが、今後日々変化し続ける状況を注意深く監視し、ベルズビーチでのCT第2戦を含め、今後のイベントのステータスを評価していく。WSLは、これらのキャンセルがツアーに与える影響を重要に受け止めており、今後順次情報を提供していく。

現在進行中のすべてのイベントにおいて、アスリートとスタッフのためのセーフティーガイドラインと、さまざまな安全装備を準備。感染可能性を最小限に留めるようなルートを計画ができるよう、渡航と入国制限に関するアドバイスも行っている。また、イベント会場では、手洗い施設と手指消毒剤を追加し、サーファーとファンの交流も最小限に抑える。

中止または延期になる試合一覧

Papara Pro Open Tahiti, フランス領ポリネシア – 中止
Piha Pro Junior, ニュージーランド – 延期
Corona Piha Pro, ニュージーランド – 延期
Seat Pro Netanya, イスラエル – 延期
Barbados Surf Pro, バルバドス – 延期
Corona Open Gold Coast, オーストラリア – 中止
WSL Awards – 延期
Red Bull Airborne Gold Coast, オーストラリア – 中止
Jack’s Surfboards Pro, アメリカ – 延期
Longboard Pro Espinho, ポルトガル – 延期
Caparica Surf Fest Pro, ポルトガル – 延期
Central Japan Open, 日本 – 延期
Krui Pro, インドネシア – 延期

https://www.worldsurfleague.com/posts/449880/wsl-cancels-all-events-in-march

(THE SURF NEWS編集部)

≫各地域の連盟や自治体からの自粛要請、駐車場の閉鎖やイベント中止情報は「新型コロナウイルスによるサーフィン業界への影響まとめ」にて更新中

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。