ISAの公式声明(現地時間3月11日)

エルサルバドルが全ての外国人の入国を禁止、ISAワールドサーフィンゲームスは3月末に再検討

現地時間3月11日、エルサルバドル政府は国内への新型コロナウイルス流入を防止するため、エルサバドル在住の外国人を除く、すべての外国人の入国を禁止することを発表した。

これを受けて同日、国際サーフィン連盟(ISA)も声明を発表した。

「ISAは、エルサルバドル政府による、全国的な検疫、すべての国からの入国を制限するという決定に留意しています。
ISAとエルサルバドル政府は、5月9〜17日に予定されているISAワールドサーフィンゲームの準備を続けることに同意しています。
両者は、世界中およびエルサルバドルでのコロナウイルスの発生拡大状況を日々確認し続け、2020年3月31日にイベントの実施可否を再度評価します。」

エルサルバドルでは、5月9日から17日にかけて『2020 ISAワールドサーフィンゲームス』の開催が予定されており、これは2020年東京オリンピックの出場資格を争う最後の選考イベントと位置付けられている。

(THE SURF NEWS編集部)

≫各地域の連盟や自治体からの自粛要請、駐車場の閉鎖やイベント中止情報は「新型コロナウイルスによるサーフィン業界への影響まとめ」にて更新中

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。