前田マヒナがSK-IIのキャンペーン「#NOCOMPETITION 美は #競争ではない」で伝えたいこと

東京2020オリンピック大会を約5ヶ月後に控えた現在。世界のトップアスリートたちがしのぎを削るパフォーマンスの競演が待ち遠しい限りだが、そんな中「#NOCOMPETITION 美は #競争ではない」というキャンペーンがスタートした。

東京2020オリンピックの公式スキンケアブランドSK-IIがスタートしたこのキャンペーンは、女性たちが望まないにも関わらず強いられる「美しさに対する競争」に対して、前田マヒナをはじめ、6組の世界トップ女性アスリートの実体験やメッセージを通じて、自分らしく生きることや美しさのあり方そのものを考える機会を提案している。


競争。それは、あらゆる面において、
わたしたちの最高の力を引き出してくれるものです。
ある一つの競争を除いては・・・。

サーファーの競技者として、自分をさらなる高みへと
押し上げてくれる試合を、毎回待ち望んでいます。

でも、東京2020オリンピックという人生最大の競争に向かう中で、
望んでいないけれど自分の中にあって、決して勝つことがない
一つの競争があることに気づきました。
それは「美しさに対する競争」です。

その競争では、他のサーファーやアスリート、女性と比べて、
見た目がどうかとか、どう振る舞うべきとか批判されるのです。
なぜ、そんな美のルールに従わないといけないのでしょう?
私の競争は世界最高のアスリートになるためのもので、
どんな見た目であるべきかではないんです。

私は私らしく生きていると、誇りを持って言えます。

美は#競争ではない

前田マヒナ


前田マヒナにとって、サーフィン競技のアスリートとして彼女自身のパフォーマンスを最大限に高めることが真の競争であり、「美しさ」に対する期待や理想像、他者との戦いは一切重要ではなく、「美しさのルール。守るべきものは自分が決めたものだけ。」と言い切る。

前田マヒナのほかにも、キャンペーンに参加している選手達は力強いメッセージを発している。

「他人が言うことなんて、気にしない。この体は信じられないことをやってくれる。」
シモーネ・バイルズ 体操選手(アメリカ)

「私は“美しすぎる”アスリートじゃない。“世界記録保持者の”アスリートだ。」
リュウ・シャン 体操選手(中国)

「自分を信じること。自分を疑う気持ちのせいであきらめたりししない。」
石川佳純 卓球選手(日本)

固定概念が作り出す美しさの定義と自分を比較したり、社会からの期待に沿うために振る舞いを変えたり、そのようなストレスやプレッシャーをもたらす「美の競争」が「真の競争」のために本当に必要なのかどうか、自分らしく生きようとする女性たちの足かせになっているのではないか、と本キャンペーンは問いかけ、アスリート達のリアルでストレートなメッセージを通じて、自分の美しさや可能性について考えるきっかけを作ろうとしている。

SK-II「#NOCOMPETITION 美は #競争ではない」キャンペーンサイト:https://nocompetition.sk-ii.jp

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。