【5/2再放送予定】パイプラインでの五十嵐カノアをフィーチャー『サーフィン チャンピオンシップツアー 2017』

世界のトップサーファー32名に加え、イベント毎の特別枠2名、合計34名で1年間世界中を転戦してワールドタイトルを争うWSLチャンピオンシップ・ツアー(CT)。

その様子を追うNHK-BS1のサーフィン特番『サーフィン・チャンピオンシップ・ツアー2017』の最新回が、1月22日(月)17時~から放送される。

今回は、CT最終戦「Billabong Pipe Masters」でセミファイナルまで進出した五十嵐カノア(20)を中心に紹介。

今年もPipe Mastersでケリー・スレーターを倒した五十嵐カノア PHOTO:© WSL/Heff

2017年シーズン終了時点で、CTランキングを17位に上げ、2年連続のダブルクオリファイ(CT22位以内とQS10位以内を両方決めること)を決めたカノア。

今月16日には、日本の強化指定選手にも内定しており、ますます彼の活躍から目が離せない。

■番組情報
NHKBS1 サーフィン チャンピオンシップツアー 2017「第11戦 ハワイ」
2018年5月2日(水)午前9:00~午前10:50
解説:WSLジャパンGM 近江俊哉
アナウンサー:向井一弘
NHK公式サイト|サーフィン チャンピオンシップツアー 2017

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む