ノースショアでシャークアタック発生 女性サーファーが左脚に大怪我

大晦日の12月31日夕方6時頃、オアフ島ノースショアのラニアケアでシャークアタックが発生。

ローカルのマジョリー・マリアノ(Marjorie Mariano)氏は、左脚の大腿部と膝裏に計100針を縫う大怪我を追った。

左脚をサメに噛みつかれた彼女はサメをキックで応戦。大動脈出血により一時ショック状態に陥ったものの、2人のサーファーが駆けつけリーシュで止血。オアフ島のクイーンズ病院に搬送され、一命を取り留めた。

マジョリー氏は現在も入院中。歩けるようになるまでは時間がかかる見込みだが、順調に回復しており、またサーフィンをしたいと言っているようだ。

情報元:
MagicSeaWeed|BREAKING: SURFER SERIOUSLY INJURED IN HAWAII SHARK ATTACK
※リンク先の記事には一部過激な画像が含まれます。

COVER PHOTO: © MagicSeaWeed /Jason Lock

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む