中国で人工サーフィン施設の建設開始か

1月29日、中国・内陸部の河南省で建設されているとみられる、人工サーフィン施設の動画が公開された。

一見するとケリースレーターのウェーブプール「サーフランチ」に似ているが、一部報道によれば建設費用は4百万ドル 。サーフランチの建設費用は、2~3千万ドルとも言われている。

動画を見た限りでは、サーフランチの波のクオリティにはまだまだ及ばないが、ここ数年世界的にみてもウェーブプールの技術は急速に発展しており、「中国は技術を取り込むことに長けているから 、この後急速に改善されていく可能性もあるのでは」との声も多い。

このプールの完成時期などの情報はまだないが、中国はオリンピックの各種目での金メダル獲得に向けて、かなり注力していると言われ、2020年東京五輪や2024年パリ五輪を見据えての建設ではないかとの見方もある。2022年にはアジアオリンピックの開催も予定されている。

THE SURF NEWSでも、続報が入り次第お伝えしていく。

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む