予想天気図(11月6日21時の予想)

週末はどこに波がある?TSN週間波予想(11月5日)

この1週間は台風20号からのバックスウェルと通過した低気圧からの東〜北東よりのウネリで特に千葉以北では波が続いていた。

今週末も低気圧からの東〜北東よりのウネリが続くことが予想される。
なお、来週前半は前線の通過に伴い局地的な大雨が予想されているので、十分な注意を。

関東は千葉・茨城の北東ウネリをかわす場所

関東は日本海から本州付近に中心を移動する高気圧圏内となる模様。

5日の金曜日の時点で低気圧からの強い北東よりのウネリが入り、クローズアウトしている場所が目立っている千葉・茨城。
週末は落ち着く傾向ながら北〜北東風が吹き続くこともあり、基本的にはハードな状況が続くことが予想される。
風とウネリをかわす場所にサーファーが集中する傾向となりそう。

湘南はオフショアが持続するものの、スモールコンディションが続くことが予想される。

ちなみに、7日の日曜日は、藤沢市で朝9時頃から津波避難訓練が予定されているため、その時間帯に入る場合には避難訓練に協力を。

西日本は東よりのウネリを拾いやすい場所

5日の金曜日の時点で国府の浜などの東よりのウネリを拾いやすい場所でもスモールコンディションとなっている西日本。
6日の土曜日も大きな変化は期待出来ず、日中は東よりの風が入りやすくなる見込み。

7日の日曜日は西から接近する気圧の谷の影響で東よりの風が強まる見込み。
風波や高気圧からの吹き出しによる東よりのウネリが強まる可能性があるが、コンディション的には期待出来ない。

宮崎に関しても7日の日曜日は東よりの風が強まる見込み。
6日の土曜日の朝が狙い目で、東よりのウネリが残り、風の影響も少なそう。

日本海はスモールコンディションが中心

日本海は気圧の谷の影響で西日本は北東風が強まりやすくなる見込み。
風波を中心にサイズアップする可能性があるが、コンディション的には期待出来ない。

北日本は風が弱く、ウネリも弱い状態が続きそう。
なお、週明けは前線の通過に伴い大きくサイズアップする可能性がある。

Waveシミュレーター 提供:BCM
週間天気図 11/7(日) 21時/提供:BCM

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。