気象衛星画像(6月27日13:15)気象庁HPより

週末はどこに波がある?TSN週間波予想(6月27日)

6月26日頃に九州北部、四国、中国、近畿が平年より約19日〜21日遅く梅雨入りして北海道を除く全ての地域が梅雨入りした今週。
関東では梅雨前半に雨が少ないと言われていたが、実際には梅雨らしい天候の日が多くなっていますね。

さて、そんな梅雨真っ只中の週末の波は?

令和最初の台風!?の動向に注目!

気象情報を頻繁にチェックするサーファーならご存知の通り、今週のポイントは令和最初の台風。

6月26日(水)の段階では27日(木)の午前3時までの沖縄の南の熱帯低気圧が台風に発達する可能性が高いと言われていたが、27日(木)の10時15分の段階ではまだ熱帯低気圧で奄美大島の東を足早に北上中。

今後、台風に発達するにせよ、特徴として速度が速く、28日(金)の朝には銚子沖に抜けてしまう予想。
また、もう一つの熱帯低気圧はすでに九州の西で温帯低気圧に変わるなど週末に台風スウェルを期待していたサーファーには肩透かしかも…。

週末はこの熱帯低気圧、もしくは台風か低気圧が遠ざかり、梅雨前線が停滞する模様。

今のところ30日(日)をピークに西日本〜関東では千葉まで南よりの風が強く、サイズアップの可能性があるが、風の影響が大きく出てしまいそう。
それでは茨城は?と考える方もいるだろうが、梅雨前線の北側に入るために北東風が吹く予報で、こちらも風の影響が出てしまいそう。
但し、梅雨前線の動向次第では不安定、もしくは南よりの風に変わる可能性もある。
今週末に限らず、梅雨時の風は前線の動向に左右されるため、常に天気図や最新の風予想をチェックしたい。

前記の通り、西日本も週末は南よりの風でサイズアップの可能性があるが、かわす場所以外は厳しくなりそう。
日本海は後半に山口〜鳥取にかけて西〜南西の風波が強まる可能性がある。

Waveシミュレーター 提供:BCM
週間天気図 6/30(日)21時/提供:BCM

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む