大橋海人が選び育てたお米のサブスク「サーファーズセレクト」キャンペーン実施

日本では数少ないフリーサーファーとしての地位を確立している大橋海人、29歳。湘南の茅ヶ崎を拠点にコンテスト活動を続けてきた彼がフリーサーファーに転向してから、『KNOT online contest』を主催するなどその活動範囲を広げている。

そんな彼が現在取り組んでいることの一つが、新潟産こしひかりのサブスクリプションサービス『サーファーズセレクト』だ。『サーファーズセレクト』とはオーガニックなこだわり農家から、毎回違うお米が食べきりサイズで届けられる新感覚のサブスクリプションで、毎週~4週間毎まで配送頻度を選ぶことができる。

届けられるお米は、日本一の米生産地である新潟県に大橋海人が自ら足を運び、総勢20農家のオーガニックなこしひかりをセレクト。さらに、初回は、彼自身が新潟県阿賀野市の山麓で育てた無農薬こしひかり「KAITO」が届けられる。「KAITO」には廃棄されるはずの魚のアラやエビ/カニの殻、海藻をリサイクルした100%天然有機肥料が用いられており、「海に育てられた米を食べ、また海へ向かうエネルギーに還元する」というサーファーのためのコシヒカリとなっている。

今回、大橋海人をサポートするボードバッグブランド「Db」がこの取り組みに賛同し、キャンペーンを実施。1/16(日)までに申し込んだ先着100名に限り、通常1回あたり1,512円(税込)の定期便が、初回100円で試すことができる。更に、定期便を5回受け取り、オンラインストアでのレビュー投稿をすると、大橋海人の直筆サイン入り「Db iPhone 13 PROケース」が5名にプレゼントされる。

Dbは今回のキャンペーン実施にあたり、「大橋海人氏は、米作りのゴールは農地で帰結するもので無く農業排水が流れこむ海まで、と考えました。地球を汚さない農業をキーワードに完全無農薬で生産。海洋生物保護団体への寄付をゴールに、地球再生への支援を。安心して美味しいものを食べることができる幸せと、世界中の海で波に乗り自然に触れ、誰よりも感じてきた美しい自然の尊さを大切にしたい。Dbは、大橋海人の熱き思いに賛同します。」とコメントしている。

『サーファーズセレクト』やキャンペーンの詳細は以下より。
https://cart.farmex.tokyo/dblp

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。