アサヒスーパードライが「東京2020大会応援 千葉県サーフィン開催地デザイン缶」 を発売!

アサヒビール株式会社は、東京2020オリンピック競技大会の盛り上げを目的に、『アサヒスーパードライ 東京2020大会応援 千葉県サーフィン開催地デザイン缶』を、千葉県限定で4月21日(火)より完全予約受注で発売する。

東京2020大会で初めて競技となり、千葉県長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸で開催される「サーフィン」。今回の商品は、千葉県でサーフィンが開催されることをPRするため、缶体と6缶パック側面に「千葉県はサーフィンの開催地です」の文言と、競技開催地を記した千葉県の地図とサーフィンのイラスト、「東京2020エンブレム」がデザインされている。

同社はこれまで、ビールメーカーで唯一の「東京2020ゴールドパートナー(ビール&ワイン)」として、千葉県内で行われる東京2020大会の競技開催地を記したデザイン商品(中びん500ml、缶350ml)を数量限定で発売。今回サーフィンのデザイン缶を発売することで、延期が決定した東京2020大会の開催に向けて、千葉県全体の盛り上げをさらに応援していく。

【商品概要】
商品名:アサヒスーパードライ 東京2020大会応援 千葉県サーフィン開催地デザイン缶
容器・容量:缶350ml
発売期間:4月21日(火)~5月末まで ※販売予定数量無くなり次第終了
製造工場:茨城工場
発売地域:千葉県を中心としたエリア
ブランドサイト:https://www.asahibeer.co.jp/superdry/

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。