松田詩野がバービー人形に!高校生プロサーファーとしてロールモデルに

世界大手の玩具メーカー、米国マテル社の日本法人であるマテル・インターナショナル株式会社は、ロールモデルプログラムの一貫 として、 高校生プロサーファー松田詩野をモデルにした バービーを製作し本人に贈呈した。

ロールモデルプログラムは、未来に向かって自分らしく進んでいる女性、かつ今後の女性にインスピレーションを与え続ける方をロールモデル として敬意を表し、 本人をモデルにした OOAK(One Of A Kind )ドールを製作し て 、世界で一体しか存在しない バービー(非売品)を本人にプレゼントするプログラム。

子どもから大人の女性まで幅広く「You Can Be Anything =何にだってなれる 」のメッセージを届けることを目的に、2015年より3月8日の国際女性デーにあわせて毎年発表している。デビュー60周年を迎えた2019年には、黒柳徹子や大坂なおみなどのドールが製作された。

東京五輪サーフィンの出場資格を暫定獲得している高校生プロサーファーの松田詩野だが、このプログラムでは毎回必ず日本人が選ばれるとは決まっていないなか直接オファーがあったという。

松田詩野コメント
「私をモデルにしたバービー を作ってもらえると聞いて、 最初はドッキリなのではないか、と思うくらいびっくりしました!世界のバービーのロールモデル に選ばれたことがとても嬉しいです。実際に完成したドールを手に取ってみると 、とてもリアルで、表情は自信に満ちあふれていて。自分もこんな風になりたいなって思いました。
小さいころ、お姉ちゃんと一緒にバービーで遊んで いましたが、今は職業が200種類以上あって 、幅広く多様性が表現されているんですね。子どものころから多様性に触れていれば、大人になってもそれが当たり前と思えるようになるので、いろんな職業の女の子に触れられるのはすごくいいと思いました。」

松田詩野プロフィール

2002年8月13日生まれ。
6歳の頃、両親の影響もあり、サーフィンを始める。初めてのサーフィンで、すぐにボードに立つことが出来、その瞬間の感覚が忘れられず、近所のサーフィンスクールに通うことを決意。13歳の時にJPSAのプロテストの合格規定をクリアし、14歳4月からプロサーファーとしてデビュー。
現在は、WSLを主戦場とし、年間10カ国以上を転戦している。「わたしの波は必ず来る」という思いを心に秘め、世界チャンピオンを目指し、日々チャレンジしている。

■バービー(Barbie ™)について
2019年にデビュー 60 周年を迎えた世界一有名なファッションドール「バービー」は、 1959 年のデビュー以来、女性を取り巻く環境の変化を映して来ました。バービーは、ファッションだけではない、多様性“ダイバーシティ”(性別、人種、職業、体型など)を表現し、未来に向かって自分らしく進んでいく女性とともに歩んでいます。
小さな女の子から大人まで全ての女性にとって、時には憧れの存在でもありながら、今までも、そしてこれからも、一人一人が持つ可能性を一緒に支えていきます。
公式サイト:http://mattel.co.jp/toys/barbie/
ロールモデルインタビューサイト: http://mattel.co.jp/barbie60th_interview/

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。