RVCA渋谷の一周年にふさわしいイベント!マシュー・バイダアートエキシビジョン開催

オープニングでは特製のタコスも振舞われる!マシュー・バイダアートエキシビジョンが6/7(金)よりスタート!

様々なアイディアと思考の交流を行うプラットフォームを提供し消費者をインスパイアさせるユニークなプロジェクトやアーティストとのコラボレーションを行うRVCA(ルーカ)。渋谷にSTOREがOPENして早一年。2Fに併設されるギャラリーでは様々なエキシビションが開催されてきた。

そんなギャラリーにて6月7日(金)より、サンフランシスコ在住のアーティストMatthew Bajda(マシュー・バイダ)による一周年にふさわしいエキシビションが開催される。

旅が好きなアーティスト、マシュー・バイダ。彼は2015年、サンクスギビングの朝のサンフランシスコの町の4箇所にチェーンで括り付けたスパイク付きバットを設置するという過激なパブリックアートインスタレーションを魅せ話題を集めた。また、RVCA San Franciscoに併設されるVASF Galleryでキュレーションを務めていたこともあり、Barry McGeeの一番古いアシスタントでもある。

日本語で自由と独立を表す“Libre Y Soberano”はバハカリフォルニア(メキシコ)に由来する。野生的で自然が溢れるバハカリフォルニアには、人が少ない土地がたくさん存在し、町もないロングドライブ、そこにあるのは自然だけ。そんな地でマシューが長年に渡り撮りためた写真たちからは、あなたが自由に生きているように感じることができるでしょう。

なお、初日6月7日(金)の18時から21時に開催されるオープニングレセプションはアーティスト本人の来場はもちろん、ドリンク&タコスが振舞われる予定。初夏を彩る本イベントをお見逃しなく。

Libre Y Soberano by Matthew Bajda

日程 : 2019年6月7日(金) – 2019年6月30日(日)
時間:11:00 – 20:00
場所 :  RVCA SHIBUYA GALLERY
住所:東京都渋谷区神宮前5-27-5 TOLDAビル2F
※初日6月7日(金)18 – 21時にてどなたでもご参加いただけるオープニングレセプションを開催します
 ※無料開放となっておりますのでどなたでもご覧頂けます

Matthew Baida(マシュー・バイダ)

サンフランシスコ在住のアーティスト兼キュレーター。近年、ミクストメディア(一つ以上の媒体又は素材を用いた美術工芸品)彫刻に携わり、主にドキュメンタリーやストーリーの写真作品で知られており、ベルリン、東京、ロサンゼルス、サンフランシスコ、デトロイト、ニューヨーク、マイアミなど、世界中の都市で彼の展示が行われている。彼は旅と古い車の運転が好きで、多くの時間をその二つに費やしている。彼の写真は、彼が旅行中に出会った人々の日常生活の一部や文化を映している。
[HP] https://www.matthewbajda.com/

RVCA公式サイト:https://jp.rvca.com/ 

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む