オジ様サーファーのための老眼鏡「DONT PANIC」より新度数レンズがリリース

HYBRID READING GLASSESとして注目を集めている「DONT PANIC(ドントパニック)」が、“スマホ老眼” 世代にも、シニア世代にも対応する新度数レンズを発売中。


スマホの爆発的な普及によって、スマホを長時間使用する20代・30代、さらには10代の若者までもが、老眼者のように、手元のピントがあいづらい…と、いわゆる「スマホ老眼」が今ひとつの社会問題となっているのは周知の通り。

ハイブリッドリーディンググラスブランドDONTPANIC(ドントパニック)は、このような若年層の「スマホ老眼者」に向けて、遠近両用累進レンズを装備した“フルスペックモデル”に「度数+0.50」(レンズ上部は度なし、レンズ下部に度数+0.50)という低度数モデルを追加。
同時に、これまでよりさらに高年齢層向けとして、単焦点レンズ装備のシングルスペックとダブルスペックに「度数+2.00」という高度数モデルを追加。

レジェンドサーファーであるマーティン・ポッターという、往年のサーファー達にとってはたまらないイメージキャラクターの起用や、アウトドアではサングラスのようにレンズがオートマチックにカラーチェンジする調光機能など、サーフィンをはじめ、アクティブなライフスタイルを楽しむアダルト層にはすでに話題となっているDONTPANIC。

今回の新度数追加により、20代・30代のヤングアダルト層にも、さらには50代・60代の本格的な老眼者にもユースフルなラインナップへと進化を遂げた。

オフィシャルサイト:dontpanic.tokyo 
Instagram:@dontpanic.tokyo

■Price
フルスペックモデル  度数+0.50 9,880円+税
ダブルスペックモデル  度数+2.00 6,880円+税
シングルスペックモデル 度数+2.00 4,880円+税

■About DONT PANIC
サーフィン、スケートボード、スノーボード・・・まだまだ夢中で遊び続ける現代の大人たちへ。
ライフスタイルに合わせて選べる“ハイブリッドリーディンググラス”を擁するアイウエアブランド。

■About Martin“POTTZ”Potter
南アフリカ出身のポッツことマーティン・ポッター。15歳からプロコンテストに参加し、1989年にはASPワールドチャンピオンの座を獲得。時代を先取りしたエキサイティングなスタイルで80-90年代のサーフシーンを盛り上げました。現在はWSL(ワールド・サーフィン・リーグ)のコメンテーターとしても活躍中です。

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。