パイプマスターズ、引退後のパーコを特集。F+マガジン第37号3月10日配布開始

WSLをはじめとする世界のサーフコンペティション・シーンのトレンドや、業界の最新情報、とっておきの裏情報などを独自の視点で展開するサーフカルチャーの総合情報誌『F+(エフプラス) SURF CULTURE MAGAZINE』。

最新第037号が、3月10日から配布開始する。

BEHIND THE CURTAIN

F+でおなじみのフォトグラファー、スティーブ・シャーマンの恒例のキャプション付きポートフォリオ。ノースショアで開催されたパイプマスターズのバックステージを、シャーマンならではの視点で記録。

BILLABONG PIPE MASTERS 2019

2019年のパイプマスターズはコンテストピリオドいっぱいいっぱいの長い期間を要したものの、オンになった日にはパイプらしいハードな波に恵まれ、パイプ、バックドア両方ある理想的なコンディション。スペシャルとは言えないかもしれないけど、すべてに決着をつけるにはふさわしい、エキサイティングな波だったと思う。ワールドタイトル、パイプマスター、トリプルクラウンに加えて、リクオリファイ争い、オリンピックのCTからの出場枠争いが加わって、ラウンドごとに様々なドラマが繰り広げられた。

JOEL PARKINSON LOVES HIS LIFE BEYOND WSL BUBBLE

パーコぐらい名のある選手の場合、引退した後もなんだかんだとニュースが入ってくるものだし、世界のどこかのコンテスト会場で姿を見かけたりするものだが、パーコに限ってはプッツリ消息が途絶えた、というか、見事にシーンから消えた、と言っていいと思う。

とはいえ、何をしているのかは誰もが想像できることだ。エンジョイサーフィンしながら、自由に、自分のための、家族のための時間を思う存分楽しんでいるに決まっている。引退するってことは、もうゼッケンはつけない、ってことだ、と言い切ったパーコ。しかし、ミックとのマンオンマン対決に向けての準備には余念がない。

TIGER TALES G-LAND PRO

1995年、それまでのプロサーフィンコンテストの常識を覆す、記念碑ともいえる試合がインドネシアのジャワ島、Gランドで行われた。ドリームツアーの始まりだった。観客はゼロ、メディアも限定、代わりにフッテージや写真を世界中に供給する。試合の様子はのちにVHSビデオを制作し、販売する……

まだインターネットがこの世に登場する前の時代のことだ。それまでの試合は集客が最優先だったが、ここから波質を優先する流れに代わっていき、現在のCTツアーの姿がある。その原点となったGランドのイベントが2020年、22年ぶりに復活する。

【お問い合わせ】
有限会社メディアライン
support@fplussurf.com

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。