F+(エフプラス)マガジン第25号、3/10配布開始

WSLをはじめとする世界のサーフコンペティション・シーンのトレンドや、業界の最新情報、とっておきの裏情報などを独自の視点で展開するサーフカルチャーの総合情報誌『F+(エフプラス) SURF CULTURE MAGAZINE』。

最新第025号が3月10日から配布開始となります。

【-BACK STAGE- BEHIND THE CURTAIN】
F+でおなじみのフォトグラファー、スティーブ・シャーマンの恒例のキャプション付きポートフォリオ。ハワイのバックステージ、シャーマンならではの視点で記録。

【VANS TRIPLE CROWN OF SURFING】
11月12月にかけて、ハワイのノースショアで行われるサーフィンのビッグイベント3試合。
QS10000のハワイアンプロ、ヴァンズ・ワールドカップ・オブサーフィン、CTのビラボン・パイプマスターズの3試合の総称をトリプルクラウンという。
その3試合を通算して上位にいたものに与えられるのがトリプルクラウンの称号。それはサーファーにとって大きな名誉だ。
それと同時にシーズン最後にスケジュールされたこのQS10000の2試合は、CTへのクオリファイに向けての様々なドラマを生む。
この2試合だけでクオリファイすることだって可能だ。パイプはCT最終戦・ここでの結果もクオリファイには影響する。
とにかく、世界のトップサーファーにとって、この3試合はとても重要なシーズン最後のチャンスであり、ギャラリーにとっては迫力のあるハワイの波での見ごたえのある戦いなのだ。

【-STORY- MICK FANNING】
昨年、公式なイヤーオフを宣言、最低限クオリファイできるだけのポイントを取ることを目標にスポット参戦したミック。
もちろんそれは一昨年のシャークアタックや兄の突然死などのショッキングな出来事を受けてのことだ。
シャークアタックだけでさえ、とんでもない出来事なのに、いくつもの事件が重なったのがミックの2015年だった。
普通ならそのうちのどれかひとつでも、立ち直れないダメージをうけそうだが、ミックは見事にそのすべてを乗り越えた。
時を経て、今だから語れるあの年の出来事、そして気になる今シーズンは?

【-SNOW TRIP- ALASKA,ALASKA】
「そこは濃密な充実感を与える場所」
スノーボーダーにとってのアラスカは、サーファーにとってのハワイと同じ位置にある。
滑り手として世界最高レベルの手応え、幸福、充実感を味わえる場所として、数え切れないほどの雑誌やビデオに取り上げられ、多くのレジェンダリーな物語を聞かされてきたのだ。
自分のスノーボードライフの中にアラスカという地名を加えることは、特別な価値と感慨に満ちている。

年間購読会員のお知らせ
F+では、年に4回発行のF+が送付され、12月には翌年のカレンダーも届く、年間購読会員を募集しています。価格は1年分で3000円+税。バックナンバーで買えば1冊800円+税のF+が4冊ですでにおトク、その上1200円+税のカレンダーもついちゃうという、大変お得な年会員です。

詳細⇒F+年間購読会員について

◎お問い合わせ
(有)メディアライン
support@fplussurf.com

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む