カリフォルニア発サーフブランド『BUELL SURF(ビュエルサーフ)』が日本上陸

JOBことジェイミー・オブライエンなどがライダーを務めるカリフォルニア・サンタクルーズ発のサーフブランド『BUELL SURF(ビュエルサーフ)』が、2019年、遂に日本に上陸する。

モンスターや骨格をモチーフとしたデザインが特徴的なブランドで、ウェットスーツデザイナーのライアン・ビュエルが2009年にスタート。

そのキャッチーなビジュアルに加え、今ではウェットスーツの標準となったオーバーラッピングインナーライニングや、ワンショルダースラントジップシステムを彼が世界で初めて製品化するなど、機能面でも業界を牽引してきた。

ライアン・ビュエル

これまでに、ウェットスーツを中心に、ブーツやグローブといったサーフギア、ソフトボード、アパレル、アクセサリーなど幅広く展開してきた『BUELL SURF』。今年からSanta Cruz Surfboardsを生産するNHS社と提携し、サーフボードの生産も開始する。

ウェットスーツ・ブーツ・グローブはサンタクルーズにある自社工場と、タイ(Sheico)で生産され、ソフトボードはCatch Surfなどを生産する台湾(Agit)で生産される。

RB1Bフルスーツ3/2mm 45,000円~
SK1フルスーツ3/2mm 34,000円~

JOBがビュエルサーフと契約した際に公開されたMV、その名も「Who is JOB!」。
作詞作曲と歌っているのは、MVにも出てくるBuellの創始者のRyan Buellというファンキーさにも要注目。

■お問い合わせ
BUELL SURF(ビュエルサーフ)
http://buellsurf.jp

アスカインターナショナル株式会社
TEL: 0475-86-7377

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む