ソーラーレジンの正しい作法

写真:ここまで使いきれる人はなかなかいない。Photo by Ri Ryo

シリーズ「おいらはサーファーの味方」②

サーフボードのリペアに使用する「ソーラーレズ(レジン)」は便利です。傷をサンドペーパーでこすってさっと一塗り。太陽光にかざすだけであっというまに硬化がはじまる。紫外線に反応する成分が入っているなんてなかなか考えたもんです。僕もときどきお世話になってます。でもこのソーラーレズには正しい作法というものがあって、それを知らないと大事件になります。最初の一本は僕もやらかしてしまった。ちょっと使っただけなのにしばらくしたらカチンカチン。そんな経験ありませんか?というわけで7つのお作法です。

1.作法をマスターするまでは小さいサイズを買う。
(ショップのおやじに大きいのを勧められても丁重に断る)

2.屋外でのリペアはたとえ日陰や曇り空でもNG。
(説明書は信じない!)

3.外光が入らない室内でリペアして、硬化させるときだけボードを屋外に出す。
(とにかく紫外線から遠ざける)

4.しかたなく屋外でしか修理できないときは日陰や車内を利用し、ソーラーレズは屋内で開封し、使う量だけを紙などにチューブから絞り出して外に持ち出す。
(手のひらでかざして硬化速度を遅らせる)

5.開封したソーラーレズはキャップ等に付着したレジンを必ずきれいに拭き取ってからキャップをする。外に漏れたレジンが硬化しキャップが固まってしまうから。

6.使用後のソーラーレズは暗い部屋に保管する。外に持ち出すときはバックなどに入れて紫外線を避ける。

7.ソーラーレズは応急処置、セッションが終わったらショップへリペアに出そう。

チューブを全て使いきれたら合格です。

李リョウ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む