サーファーとして本当に豊かな人生とは? デニ・フィルダウス 「BLACKBOY」

デニ・フィルダウス
ニックネーム「BLACKBOY」

インドネシアのセントラルジャワ、アジアのヌーサと呼ばれるバツカラス出身の20歳の天才ロングボーダーだ。

バツカラスの町の主要産業は米の栽培だが、典型的なインドネシアの村と違い、住民はヴィンテージカーや2ストロークのカスタムバイクに乗り、サーフィンを愛している。

『Portuguese Surf Film Festival 2017』のベストショートカテゴリーも受賞した約10分間の作品では、デニがバツカラスと自らの人生を紹介している。

もし、あなたがサーファーとして本当に豊かな人生とは何かを探しているのであれば、この作品を見ておいて損はないだろう。

STORY

作品はバイクで颯爽とビーチに向かう場面から始まる。
彼がサポートされている「Deus」の皆と同じように愛用しているシングルフィンのロングボードを載せ、山を越え、橋を渡り、ビーチを走る。

バツカラスに住んでいることを彼は誇りにしている。
美しいビーチにフレンドリーで環境を大事にする住民。
サーフィンを愛し、クラシックカーやカスタムバイクを趣味としている人も多い。

バツカラスのメインブレイクにはロングボード、ショートボード、フィンレス、様々なタイプのサーファーがいる。
彼らは自慢のクラシックカーやカスタムバイクで海にやってくる。

彼の父は飲食店を営んでいるが、時間があれば一緒にサーフィンする。
妹もサーファーだ。

「BLACKBOY」というニックネームの由来は彼の肌の色。
人種によるものだと言う人もいるが、「小さい頃からビーチにいて父とサーフィンをしていた。だから普通の人よりも日焼けしているんだ」と彼は説明して肌の黒さを誇りに感じている。

彼の一日は父の店を手伝うことから始まる。
そして、昼間はサーフィンスクールをしたり、友人と過ごしたり、夜はサーフボードのリペアをしたり。

もちろん、サーフィンは生活の一部、当たり前のようにしている。

サーフィン以外の彼のフリーな時間は友人とバイクに乗る。
愛車は2ストロークのヴィンテージ・モトクロス。

大自然が残っているバツカラスを探険。
山もあれば森もある。

専用のモトクロスコースさえもここにはあるのだ。

彼の至福は、2ストロークのヴィンテージ・モトクロスとシングルフィンのロングボードによって生まる。

子供の頃、初めてロングボードでのサーフィンに出会い、そこでフスニーというローカルサーファーに憧れる。
いつも女性に囲まれていた彼を目指し、直接ロングボードを借りることになる。

その後、「トーマス・ベクソン」シェイプの大きくてオレンジ色のクラシックボードを貰い、本格的にロングボードの虜になり、トラディショナルなスタイルを身に付けていく。
それはショートボードよりもロングボード向きのバツカラスの波質の影響も大きい。

バツカラスにはジー・ノリス、ハリソン・ローチ、他にも多くのスタイルマスターが訪れる。
初めて彼らのサーフィンを見た時、ボードの上でダンスをしているようだと思ったそうだ。

インスパイアされ、どうやれば彼らのようにサーフィン出来るかを考えた。

波のフローに合わせた身体の動かし方や足の動き。

そして、良いロングボードのスタイルとは身体の動かし方次第、足の位置やバランス、流れだと気付いた。

作品はピアノをBGMに彼の優雅なライディングでエンディングを迎える。

Surfing is always makes me happy, smile and cheerful 📷 by @gianggawphoto

DeniFirdausさん(@deniblackboys)がシェアした投稿 –

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む