ケリー・スレーターのアパレルブランド「Outerknown」がウィメンズコレクションを発表

ケリー・スレーターが展開するアパレルブランド「Outerknown(アウターノウン)」が、今春、ブランド初となるウィメンズコレクションをローンチしたことを発表した。

Outerknownは、11Xワールドチャンピオンのケリー・スレーターと、クリエイティブディレクターのジョン・ムーアが、2015年に始めたライフスタイルブランド。
「サステナビリティ(持続可能性)」をコンセプトに掲げ、従来のアパレル業界のあり方を変えたいという思いから、環境に有害ではない素材を使うことと、公正な労働環境で生産することを重要視している。

「僕たちは、環境に有害ではない素材を使い、公正な労働環境で生産をしてもなお、素晴らしい服が作れるということを証明したくて、Outerknownを始めたんだ。」
―ケリー・スレーター

アウターノウンは、ブランドローンチ前からFLA(公正労働協会)に加入し、2年半で生産工程の完全認定を受けた。ローンチ前の加入や、2年半で完全認定されたのは、アパレルブランドとして初めてだという。

知性的な女性たちにインスパイアされたOuterknown Women

ウィメンズラインは、世界中の様々なコミュニティでチェンジメーカーとなっている女性と彼女達の知性にインスパイアされ、デザインされている。

今回は、トップス・ドレス・ボトムスを含む全17のスタイルを発表。エフォートレスでありながら、様々なシーンで活躍しそうなラインナップだ。

全ての製品は、“環境を傷つけない”繊維、つまりオーガニックコットンやリサイクルされた繊維を100%使用しながらも、48~268ドルという手に取りやすい価格を実現している。

今回のコレクションでは、世界で活躍する女性の活動家たちをモデルに起用。隅々までブランドのこだわりが感じられる。

モデルでありChasseresse創業者のレイチェル・ロバーツ
NYの環境活動家ローレン・シンガー
Female Collective創始者キャンディス・リール

Outerknown Womenのコレクションは公式サイトで購入できる。

公式サイト:
https://www.outerknown.com/

(THE SURF NEWS編集部)


この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け!サンプルを読む